彌次喜多 名君初上り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
彌次喜多 名君初上り
監督 マキノ正博
脚本 山上伊太郎
製作 日活京都撮影所
出演者 片岡千恵蔵
沢村国太郎
志村喬
塩まさる
ディック・ミネ
美ち奴
服部富子
市川春代
音楽 大久保徳二郎
撮影 石本秀雄
編集 宮本信夫
配給 日本の旗 日活
公開 日本の旗 1940年1月13日
上映時間 87分 (9巻)
製作国 日本の旗
言語 日本語
前作 鴛鴦歌合戦 第113作
次作 続清水港 第115作
テンプレートを表示

彌次喜多 名君初上り』(やじきた めいくんはつのぼり)は、日本オペレッタ時代劇映画である[1][2]1940年(昭和13年)の日活京都撮影所製作、日活配給作品、日活とテイチクの一連の提携作品のうちの一作である[1][2]。監督は当時31歳のマキノ正博、のちの巨匠・マキノ雅弘の戦前のトーキー作品である[1][2]

概要[編集]

1939年(昭和14年)末に急遽製作された『鴛鴦歌合戦』は、片岡千恵蔵の急病による休養のため、本作を撮影する予定で編成したスタッフ・キャストを流用した急造作品で、主演の片岡の出番は巧みに少ないが、本作は片岡の回復を待って、改めて製作されたものである[3]。ただ、本作は、前作のように、脚本作成から完成まで「10日間」、主演の片岡の撮影時間が「2時間」、といった尋常ではない「撮って出し」のスケジュールではなかったが、同年12月29日の仕事納めまでに完成をしなければならなかった[3]

本作の「原作・脚本」としてクレジットされているのは山上伊太郎であるが、山上は原案のみで脚色したのは別人であり、それを知ってがっかりしたとマキノは後述している[3]

現在では、当時わずかな日程ででっちあげられた『鴛鴦歌合戦』の方が名が知れ渡り、東京国立近代美術館フィルムセンターにも所蔵され、DVDも国際的に販売されているが、本作は同センターに所蔵されておらず、したがって上映用プリント等の現存は確認されていない[4]。現時点での知名度も低い。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

クレジット順である[2]

  • 澤村國太郎 - 左官半次
  • 塩まさる(テイチク) - 弥次郎兵衛
  • ディック・ミネ(テイチク) - 喜多八
  • 美ち奴(テイチク) - 矢場の女・お辰
  • 服部富子(テイチク) - 大喜の娘・お市
  • 香川良介 - 御側用人・柳川嘉兵衛
  • 志村喬 - 国家老・圓山久太夫
  • 遠山満 - 家老・間瀬大膳
  • 団徳麿 - 圓山一味・蒲原幸兵衛
  • 藤川三之祐 - 和尚
  • 大崎史郎 - 圓山一味・西九郎兵衛
  • 若松文男 - 古島礼三郎
  • 石川秀道 - 圓山一味・会沢八十右衛門
  • 薮内龍三郎 - 圓山一味・熊崎国蔵
  • 楠栄三郎 - 案内伝五左衛門
  • 福井松之助 - 江室龍平
  • 大倉多一郎 - 大喜の亭主
  • 志茂山剛 - 唄う矢場の客
  • 小林三夫 - 同(唄う矢場の客)
  • 武林大八郎 - 袴田平蔵
  • 瀬戸一司 - 圓山一味・寺久保伝蔵
  • 阪東薪太郎 - 唄う矢場の客
  • 富士咲実 - 同(唄う矢場の客)
  • 近松龍太郎 - 同(唄う矢場の客)
  • 石丸三平 - 同(唄う矢場の客)
  • 橘昇子 - 唄う矢場の女
  • 巴弘子 - 同(唄う矢場の女)
  • 藤木小枝子 - 同(唄う矢場の女)
  • 末広華子 - 同(唄う矢場の女)
  • 槇木くみ子 - 同(唄う矢場の女)
  • 吉田礼子 - 同(唄う矢場の女)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 弥次喜多 名君初上り日本映画データベース、2012年11月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e 弥次喜多 名君初上り日活データベース、2012年11月26日閲覧。
  3. ^ a b c マキノ[1977]、p.446-450. 同箇所では本作の脚色者の正体(山上伊太郎)は明かされていない。
  4. ^ 東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵映画フィルム検索システム」での検索結果の記述を参照。2012年11月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『映画渡世 天の巻 - マキノ雅弘自伝』、マキノ雅裕平凡社、1977年
    • 同新装版、2002年 ISBN 4582282016

関連事項[編集]