春季賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

春季賞(しゅんきしょう)は、日本数学会から贈られる数学学術賞である。

前身は彌永賞で、日本数学会会員で40歳未満の優れた業績を上げた数学者に毎年贈られる[1]

日本数学会において最も権威を持つ賞の一つである。40歳未満の優れた業績を上げた数学者に授与されるということで、フィールズ賞の日本版のように思われることがあるが、フィールズ賞と違い実績の浅い准教授以下の地位の者に受賞されることもある。従って世界的に無名な数学者が受賞者だったり、20年以上も前に受賞したのに未だに准教授だったりするものがいる。年齢制限の無い賞には秋季賞がある。

彌永賞受賞者[編集]

1973年度[編集]

1974年度[編集]

  • 坂本礼子(奈良女大理): 双曲型方程式に対する混合問題の研究

1975年度[編集]

1976年度[編集]

1977年度[編集]

1978年度[編集]

1979年度[編集]

1980年度[編集]

1981年度[編集]

  • 柏原正樹(京大数理研): 偏及び擬微分方程式系の代数的研究

1982年度[編集]

1983年度[編集]

1984年度[編集]

  • 松本幸夫(東大理): 余次元2の手術理論とその応用

1985年度[編集]

1986年度[編集]

  • 小谷眞一(京大理): ランダム・ポテンシャルをもつシュレディンガー作用素のスペクトル理論

1987年度[編集]

春季賞受賞者[編集]

1988年度[編集]

1989年度[編集]

  • 宮岡洋一 (都立大理) : Chern 数の間の関係式とその応用

1990年度[編集]

1991年度[編集]

  • 斎藤盛彦(京大数理研): Hodge加群の理論の創設と発展

1992年度[編集]

1993年度[編集]

  • 楠岡成雄(京大理): 無限次元確率解析の展開

1994年度[編集]

1995年度[編集]

1996年度[編集]

1997年度[編集]

1998年度[編集]

1999年度[編集]

  • 小林俊行(東大理): ユニタリ表現論における離散的分岐則の理論

2000年度[編集]

2001年度[編集]

2002年度[編集]

2003年度[編集]

2004年度[編集]

2005年度[編集]

2006年度[編集]

  • 望月拓郎(京大理): Harmonic bundle の漸近挙動

2007年度[編集]

  • 中西賢次(京大理): 非線形分散型方程式の研究

2008年度[編集]

  • 高岡秀夫(神戸大理): 非線形分散型方程式に対する大域解析理論

2009年度[編集]

  • 小沢登高(東大数理): 離散群と作用素環の研究

2010年度[編集]

  • 伊山修(名大多元数理): 多元環およびCohen-Macaulay加群の表現に関する研究

2011年度[編集]

  • 志甫淳(東大数理): 数論幾何学におけるp進コホモロジーとp進基本群の研究

2012年度[編集]

  • 太田慎一(京大理): 測度距離空間・フィンスラー多様体上の幾何解析

2013年度[編集]

  • 浅岡正幸(京大理): 双曲力学系および関連する幾何学の研究

2014年度[編集]

  • 戸田幸伸(東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構): 代数多様体の導来圏の研究

2015年度[編集]

  • 河原林健一(国立情報学研): グラフマイナー理論とその計算量理論への応用に関する研究

2016年度[編集]

  • 入谷寛(京大理): グロモフ・ウィッテン不変量とミラー対称性の研究

2017年度[編集]

2018年度[編集]

2019年度[編集]

  • 前川泰則(京大理): 流体力学の数学解析の新展開

()内の大学名は受賞当時


関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 日本数学会・顕彰事業