彝語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
彝語
ꆇꉙ
話される国 中華人民共和国の旗 中国南部
 ベトナム北西部
地域 四川省南部
雲南省
貴州省
広西チワン族自治区
ハザン省など
話者数 約600万人
言語系統
シナ・チベット語族
表記体系 彝文字ラテン文字
公的地位
公用語 涼山イ族自治州
楚雄イ族自治州
紅河ハニ族イ族自治州
統制機関 なし
言語コード
ISO 639-1 ii
ISO 639-2 iii
ISO 639-3 iii – 涼山彝語
テンプレートを表示

彝語(いご)とは、主に中国四川省南部・雲南省貴州省広西チワン族自治区およびベトナム北西部ハザン省に居住する彝族によって話される言語

シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派ビルマ・ロロ・ナシ語群に属するロロ諸語の系統。彝語は6方言25下位方言に分類される。異なった方言話者の間での意思の疎通は困難である。話者数は650万人程度。

表記には彝文字を使用。四川省では涼山規範彝文が使われる。

方言[編集]

彝語の標準語とされる。彝語北部方言、ノス語(諾蘇語)、涼山彝語、四川彝語とも表記される。
  • 東部方言
ナス語(納蘇語)とも
  • 南部方言
ニス語(尼蘇語)とも
  • 西部方言
ラロ語(臘羅語)とも
  • 中部方言
ロロポ語(倮倮潑語)とも
  • 東南部方言
サニ語(撒尼語)とも

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

※彝語版のウィキペディアは、2007年7月29日にロックされた。