形原町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かたはらちょう
形原町
廃止日 1962年4月1日
廃止理由 編入
現在の自治体 蒲郡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
宝飯郡
面積 5.69km2.
総人口 10,357
(1950年10月1日)
隣接自治体 蒲郡市、宝飯郡西浦町
幡豆郡幡豆町額田郡幸田町
形原町役場
所在地 愛知県宝飯郡形原町大字形原字御嶽57-1
 表示 ウィキプロジェクト

形原町(かたはらちょう)は、愛知県宝飯郡にかつて存在した。現在の蒲郡市西部に該当する。

南は三河湾に面し、形原漁港があり漁業が盛んである。北部には形原温泉があり、温泉街となっている。

歴史[編集]

形原城址
  • 1618年(元和4年) - 松平家信形原城に入城し、形原藩1万石が成立する。
  • 1619年(元和5年) - 松平家信が摂津国高槻藩に移り、形原藩は廃止される。旧・形原藩は天領となった後、江戸時代末期は刈谷藩領、旗本領、寺社領などであった。
  • 1875年(明治8年) - 形原漁港の整備が始まる。
  • 1889年(明治22年)10月1日 - 形原村、金平村、一色村が合併し、形原村となる。
  • 1924年(大正13年)4月1日 - 形原村が町制施行して形原町となる。
  • 1962年(昭和37年)4月1日 - 蒲郡市に編入合併されて形原町は廃止される。

教育[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

1936年(昭和11年)11月10日に三河鉄道蒲郡方面延長線が全通し、形原町には形原駅が設置された。1941年(昭和16年)6月1日には名古屋鉄道三河線となり、1948年(昭和23年)5月16日には現在の名称である蒲郡線となった。

道路[編集]

名所・旧跡[編集]

  • 形原神社 - 蒲郡球場の南側にある神社。桜の名所[2]
  • 宝喜神社 - 温泉街道の北端近くにある神社[3]
  • 補陀寺 - 曹洞宗の寺院。形原温泉を発見したのは本寺院の住職であるとされる[4]
  • 形原城址 - 平山城であり稲生城の別名を持つ。

観光スポット・娯楽施設[編集]

  • 形原温泉 - レディ・ガマは形原温泉で頻繁に公演を行っている。毎年6月にはあじさいまつりを開催[5]
  • 形原劇場 - 東中畑にあった映画館[注 1]
  • 三海館 - 三浦町にあった映画館[注 2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1960年の映画館(東海地方)「消えた映画館の記憶」を参照した[6]
  2. ^ 1960年の映画館(東海地方)「消えた映画館の記憶」を参照した[7]

出典[編集]

  1. ^ 蒲郡市合併後、形原北小学校を分離
  2. ^ 形原神社 東三河を歩こう
  3. ^ 宝喜神社 東三河を歩こう
  4. ^ 補陀寺(あじさい寺) 東三河を歩こう
  5. ^ あじさい祭り 形原温泉
  6. ^ 『映画年鑑 戦後編 別冊 全国映画館録 1960』日本図書センター、1999年。
  7. ^ 『映画年鑑 戦後編 別冊 全国映画館録 1960』日本図書センター、1999年。

関連項目[編集]