彦坂眞一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
彦坂眞一郎
基本情報
出身地 日本の旗 日本
ジャンル クラシック
担当楽器 アルトサクソフォーン
公式サイト [1]

彦坂 眞一郎(ひこさか しんいちろう)は、日本サクソフォーン奏者。

来歴

香川県生まれ。その後千葉に移住。1982年東京芸術大学入学。85年安宅賞受賞。1986年東京芸術大学を首席(管・打楽器において)卒業。

1988年CBSソニー、ザ・ニュー・アーティスト・オーディション'88においてFM東京賞およびクリスティーン・リード賞を受賞。

1989年東京芸術大学大学院修了。1999年6月には東京オペラシティ文化財団主催の「B→C(ビー・トゥー・シー)」に出演。

サクソフォーンを忠地美幸、中村均、前沢文敬、大室勇一に師事。上野学園大学の特認准教授、桐朋芸術短期大学の講師を務める。

トルヴェール・クヮルテットで、アルトサクソフォーンを担当している。発売したCDも多くあり、『バラード”即興への軌跡…!”/BALLADE』 『DANCE』『VERS DEMAIN- 明日のほうへ 』等がある。

またトルヴェール・クヮルテットのテナーサクソフォーン奏者の新井靖志との『6つのカプリス~2本のサクソフォンのための作品集』、サクソフォーン奏者の本多俊之と『SMILE!』など、活動も多岐にわたる。サクソフォーンのための作品を委嘱しており、作曲家長生淳作曲『He Calls...!』がある。

トルヴェール・クヮルテットの須川展也新井靖志、田中靖人はいずれも彦坂と同じ大室勇一の門下である。

関連項目