彦島 (大分県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
彦島
座標 北緯33度0分41.9秒 東経131度54分35.8秒 / 北緯33.011639度 東経131.909944度 / 33.011639; 131.909944座標: 北緯33度0分41.9秒 東経131度54分35.8秒 / 北緯33.011639度 東経131.909944度 / 33.011639; 131.909944
面積 0.05 km²
最高標高 60 m
所属諸島 豊後諸島
所属国・地域 日本の旗 日本大分県佐伯市
地図
彦島 (大分県)の位置(大分県内)
彦島 (大分県)
テンプレートを表示

彦島(ひこしま)は、大分県佐伯市にある無人島である。

佐伯市狩生地区と大入島との間で、狩生地区から東方に0.4kmの位置にある島。面積0.05km2、標高60m[1][2]

彦島という島名は、佐伯市と津久見市の境界にある彦岳(標高639.4m)に因んで名づけられた[1][2]

1970年(昭和45年)に無人島化。その後の利用方法として、石油基地、セメント工場、競艇場にするという話があったとされるが、実現していない[1][2]

交通[編集]

JR九州日豊本線狩生駅から徒歩5分、船5分[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『日本の島ガイド SHIMADAS(シマダス)』第2版、2004年7月、財団法人日本離島センター、ISBN 4931230229 p.695
  2. ^ a b c 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典 44 大分県』角川書店、1980年1月
  3. ^ 彦島 全国観るなび(日本観光振興協会)