彩の国功労賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

彩の国功労賞(さいのくにこうろうしょう)は、埼玉県1997年から表彰を行っている功労。当初は「彩の国スポーツ功労賞」・「彩の国学術文化功労賞」・「彩の国功労賞(団体)」・「彩の国特別功労賞」の部門別で表彰を行ったが、2018年度から部門別の表彰を統合して「彩の国功労賞」に名称を一本化して表彰を行っている[1]

彩の国功労賞(名称統合後)[編集]

  • 設樂悠太(2018年7月18日受賞、東京マラソン2018で男子マラソンの日本記録を16年ぶりに更新)
  • 村岡桃佳(2018年7月18日受賞、平昌パラリンピックアルペンスキー女子大回転座位金メダル)
  • 西野朗(2019年1月16日受賞、FIFAワールドカップロシア大会日本代表監督としてチームの決勝トーナメント進出・大会ベスト16に貢献)
  • 埼玉西武ライオンズ(2019年1月16日受賞、2018年度パシフィック・リーグレギュラーシーズン優勝)
  • 川島永嗣(2019年4月2日受賞、FIFAワールドカップロシア大会、日本代表選手としてチームの決勝トーナメント進出・大会ベスト16に貢献)
  • 槙野智章(2019年4月2日受賞、FIFAワールドカップロシア大会、日本代表選手としてチームの決勝トーナメント進出・大会ベスト16に貢献)
  • 遠藤航(2019年4月2日受賞、FIFAワールドカップロシア大会、日本代表選手としてチームの決勝トーナメント進出・大会ベスト16に貢献)
  • 原口元気(2019年4月2日受賞、FIFAワールドカップロシア大会、日本代表選手としてチームの決勝トーナメント進出・大会ベスト16に貢献)

彩の国スポーツ功労賞[編集]

カッコ内は受賞日、受賞理由。

  • 松坂大輔(2000年1月28日受賞、プロ野球平成11年シーズン最多16勝、高卒新人史上初ベストナイン)
  • 川上理恵(2000年11月14日受賞、シドニーパラリンピック車いすバスケットボール銅メダル
  • 高田幸一(2000年11月14日受賞、シドニーパラリンピック陸上400メートルリレー銀メダル
  • 宇津木妙子(2000年11月14日受賞、シドニー五輪ソフトボール監督で銀メダル)
  • 小関しおり(2000年11月14日受賞、シドニー五輪ソフトボール銀メダル)
  • 高山樹里(2000年11月14日受賞、シドニー五輪ソフトボール銀メダル)
  • 増岡浩(2002年2月5日受賞、パリ・ダカールラリー優勝)
  • 宇津木妙子(2回目)(2004年9月21日受賞、アテネ五輪ソフトボール監督で銅メダル)
  • 高山樹里(2回目)(2004年9月21日受賞、アテネ五輪ソフトボール銅メダル)
  • 坂井寛子(2004年9月21日受賞、アテネ五輪ソフトボール銅メダル)
  • 坂本直子(2004年9月21日受賞、アテネ五輪ソフトボール銅メダル)
  • 岩渕有美(2004年9月21日受賞、アテネ五輪ソフトボール銅メダル)
  • 佐藤理恵(2004年9月21日受賞、アテネ五輪ソフトボール銅メダル)
  • 松坂大輔(2回目)(2004年9月21日受賞、アテネ五輪野球銅メダル)
  • 和田一浩(2004年9月21日受賞、アテネ五輪野球銅メダル)
  • 井上謙二(2004年9月21日受賞、アテネ五輪レスリング銅メダル)
  • 山本博(2004年9月21日受賞、アテネ五輪アーチェリー銀メダル)
  • 鈴木絵美子(2004年9月21日受賞、アテネ五輪シンクロナイズドスイミング銀メダル)
  • 加納実(2004年10月20日受賞、アテネ五輪体操監督でメダル)
  • 水鳥寿思(2004年10月20日受賞、アテネ五輪体操金メダル)
  • 米田功(2004年10月20日受賞、アテネ五輪体操金メダル・銅メダル)
  • 平澤奈古(2004年11月5日受賞、アテネパラリンピックアーチェリー銅メダル)
  • 南浩一(2004年11月5日受賞、アテネパラリンピックアーチェリー銀メダル)
  • 加藤裕司(2004年11月5日受賞、アテネパラリンピック柔道銀メダル)
  • ギド・ブッフバルト(2006年12月28日受賞、2006J1リーグ優勝監督)
  • 浦和レッドダイヤモンズ(2006年12月28日受賞、2006J1リーグ優勝)
  • 村山千夏(2007年11月14日受賞、全日本女子剣道選手権大会3連覇)
  • 鈴木絵美子(2回目)(2008年9月16日受賞、北京五輪シンクロナイズドスイミング銅メダル)
  • 坂本功貴(2008年9月16日受賞、北京五輪体操銀メダル)
  • 沖口誠(2008年9月16日受賞、北京五輪体操銀メダル)
  • 佐藤理恵(2回目)(2008年9月16日受賞、北京五輪ソフトボール金メダル)
  • 坂本日登美(2008年12月17日受賞、女子レスリング世界選手権6度の優勝)
  • 石川遼(2009年1月30日受賞、プロゴルフでの活躍)
  • 内山高志(2010年1月15日受賞、WBA世界スーパーフェザー級王座獲得)
  • 鈴木猛史(2010年4月12日受賞、バンクーバーパラリンピックアルペンスキー大回転座位銅メダル)
  • 遠藤隆行(2010年4月12日受賞、バンクーバーパラリンピックアイススレッジホッケー銀メダル)
  • 阿部勇樹(2010年7月13日受賞、FIFAワールドカップ南アフリカ大会日本代表チーム決勝トーナメント進出に貢献)
  • 川島永嗣(2010年12月24日受賞、FIFAワールドカップ南アフリカ大会日本代表チーム決勝トーナメント進出に貢献)
  • 中澤佑二(2011年2月25日受賞、FIFAワールドカップ南アフリカ大会日本代表チーム決勝トーナメント進出に貢献)
  • 熊谷紗希(2011年7月22日受賞、FIFA女子ワールドカップドイツ大会日本代表チーム初優勝)
  • 矢野喬子(2011年7月22日受賞、FIFA女子ワールドカップドイツ大会日本代表チーム初優勝)
  • 山郷のぞみ(2011年7月22日受賞、FIFA女子ワールドカップドイツ大会日本代表チーム初優勝)
  • 佐々木則夫(2011年8月2日受賞、FIFA女子ワールドカップドイツ大会日本代表チーム監督として初優勝に貢献)
  • 上尾野辺めぐみ(2011年10月16日受賞、FIFA女子ワールドカップドイツ大会日本代表チーム初優勝)
  • 三宅宏実(2012年8月30日受賞、ロンドン五輪ウェイトリフティング女子48kg級銀メダル)
  • 星奈津美(2012年8月30日受賞、ロンドン五輪競泳女子200mバタフライ銅メダル)
  • 小原日登美(2回目)(2012年8月30日受賞、ロンドン五輪レスリング女子48kg級金メダル)
  • 米満達弘(2012年8月30日受賞、ロンドン五輪レスリング男子66kg級金メダル)
  • 湯元進一(2012年8月30日受賞、ロンドン五輪レスリング男子55kg級銅メダル)
  • 清水聡(2012年8月30日受賞、ロンドン五輪ボクシング男子バンタム56kg級銅メダル)
  • 佐々木則夫(2回目)(2012年9月4日受賞、ロンドン五輪サッカー女子銀メダルに貢献)
  • 矢野喬子(2回目)(2012年9月4日受賞、ロンドン五輪サッカー女子銀メダル)
  • 内村航平(2012年9月26日受賞、ロンドン五輪体操男子団体銀メダル・個人総合金メダル・個人種目別ゆか銀メダル)
  • 山室光史(2012年9月26日受賞、ロンドン五輪体操男子団体銀メダル)
  • 田中佑典(2012年9月26日受賞、ロンドン五輪体操男子団体銀メダル)
  • 加藤凌平(2012年10月18日受賞、ロンドン五輪体操男子団体銀メダル)
  • 瀬戸大也(2013年8月27日受賞、2013年世界水泳選手権 競泳男子400メートル個人メドレー金メダル)
  • 鈴木猛史(2回目)(2014年4月15日受賞、ソチパラリンピックアルペンスキー男子回転座位金メダル・滑降銅メダル)
  • 浦和レッドダイヤモンズレディース(2014年12月16日受賞、2014なでしこリーグ年間優勝)
  • 秋山翔吾(2015年12月18日受賞、プロ野球2015シーズン最多安打記録を更新)
  • 星奈津美(2回目)(2016年9月23日受賞、リオ五輪競泳女子200mバタフライ銅メダル)
  • 江原騎士(2016年9月23日受賞、リオ五輪競泳男子4×200mリレー銅メダル)
  • 三宅宏実(2回目)(2016年9月26日受賞、リオデ五輪ウエイトリフティング女子48kg級銅メダル)
  • 荒井広宙(2016年9月26日受賞、リオ五輪陸上競技男子50km競歩銅メダル)
  • 豪栄道豪太郎(2016年10月12日受賞、大相撲平成28年9月場所において全勝で幕内最高優勝)
  • 内村航平(2回目)(2012年9月26日受賞、2016年11月30日受賞、リオ五輪体操男子団体金メダル・個人総合金メダル)
  • 山室光史(2回目)(2016年11月30日受賞、リオ五輪体操男子団体金メダル)
  • 田中佑典(2回目)(2016年11月30日受賞、リオ五輪体操男子団体金メダル)
  • 加藤凌平(2回目)(2016年11月30日受賞、リオ五輪体操男子団体金メダル)
  • 瀬戸大也(2回目)(2016年11月30日受賞、リオ五輪競泳男子400m個人メドレー銅メダル)
  • 坂井聖人(2016年11月30日受賞、リオ五輪競泳男子200mバタフライ銀メダル)
  • 桐生祥秀(2016年11月30日受賞、リオ五輪陸上男子4×100mリレー銀メダル)
  • 奥原希望(2016年11月30日受賞、リオ五輪バドミントン女子シングル銅メダル)
  • 岸光太郎(2016年11月30日受賞、リオパラリンピックウィルチェアーラグビー銅メダル)
  • 島川慎一(2016年11月30日受賞、リオパラリンピックウィルチェアーラグビー銅メダル)
  • 木村翔(2018年1月26日受賞、世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチ初防衛)

彩の国学術文化功労賞[編集]

彩の国功労賞(団体)[編集]

彩の国特別功労賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 彩の国功労賞 受賞者・団体 - 埼玉県

関連項目[編集]