彩みちる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

彩 みちる(いろどり みちる、10月19日[1] - )は、宝塚歌劇団雪組に所属する娘役。

東京都目黒区[1]洗足学園高等学校出身[1]。身長163cm[1]。血液型A型[2]。愛称は「みちる」[1]

来歴[編集]

2011年、宝塚音楽学校入学。

2013年、宝塚歌劇団に99期生として入団。雪組公演「ベルサイユのばら」で初舞台[1][3]

2014年、組まわりを経て雪組に配属[3]

2015年、「星逢一夜」で新人公演初ヒロイン[3][4]

2016年、「るろうに剣心」で2度目の新人公演ヒロイン[5][4]。続く「ドン・ジュアン」(KAAT神奈川芸術劇場・ドラマシティ公演)で、東上公演初ヒロイン[6][7]

2017年、「CAPTAIN NEMO」(日本青年館・ドラマシティ公演)で、2度目の東上公演ヒロイン[8][9]

2019年の「壬生義士伝」で、3年ぶり3度目となる新人公演ヒロイン[4]

2021年11月15日付で、月組へ組替えとなることが発表された[10]

人物[編集]

母がミュージカル、宝塚が好きで、雪組びいきだった[3]

漠然と宝塚に憧れつつ、ミュージカル科のある高校に進学[3]。進路を決める際になって、母から「将来、後悔しないように」と、音楽学校の受験を勧められる[3]。音大進学のつもりだったが、母の言葉で受験し、一発合格[3]

性格も母譲りで、「思ったことは口にする」タイプ[3]。元々は男役志望だっが、身長が低く声が高かったので娘役となった[3]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

雪組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2017年12月、タカラヅカスペシャル2017『ジュテーム・レビュー-モン・パリ誕生90周年-』
  • 2018年5月、『凱旋門』前夜祭
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年12月、タカラヅカスペシャル2019『Beautiful Harmony』

TV出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、84頁。ISBN 978-4-86649-158-5。
  2. ^ 『To The Future/宝塚GRAPH 2015年8月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2015年、84頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 新人公演初ヒロイン、多彩な娘役を目指す/彩みちる 日刊スポーツ。
  4. ^ a b c d e f 宝塚雪組・彩海せら 4年目の初センターは「本当に明るくて集中できる場所でした」 スポーツ報知。
  5. ^ a b 宝塚歌劇団雪組新人公演「るろ剣」上演 デイリースポーツ。
  6. ^ a b 望海風斗「ドン・ジュアン」大阪初日も快楽むさぼる 日刊スポーツ。
  7. ^ a b 望海風斗、類稀な歌声とセクシーさ披露 デイリースポーツ。
  8. ^ a b 理想郷に彩られた彩風咲奈の東京初主演作品、宝塚雪組『CAPTAIN NEMMO…ネモ船長と神秘の島…』上演中! 宝塚ジャーナル。
  9. ^ a b 彩風咲奈、主演ミュージカル「再出航だ」大阪初日 日刊スポーツ。
  10. ^ 宝塚歌劇宙組一筋のスター・和希そらが12月10日付で雪組に組み替え スポーツ報知。