彩瀬まる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

彩瀬 まる(あやせ まる、女性、1986年 - )は、日本小説家

千葉県千葉市生まれ。渋谷教育学園幕張高等学校卒業後、上智大学文学部卒業。小売会社勤務を経て、2010年「花に眩む」で第9回女による女のためのR-18文学賞読者賞を受賞[1]2016年、『やがて海へと届く』で第38回野間文芸新人賞候補。2017年、『くちなし』で第158回直木三十五賞候補、第5回高校生直木賞受賞。

著作[編集]

小説[編集]

  • 『あのひとは蜘蛛を潰せない』(2013年3月 新潮社 / 2015年 新潮文庫 ISBN 978-4-10-120051-4)
  • 『骨を彩る』(2013年11月 幻冬舎 ISBN 978-4-34-402490-8)
    • 収録作品:指のたより / 古生代のバームロール / ばらばら / ハライソ / やわらかい骨
  • 『神様のケーキを頬ばるまで』(2014年2月 光文社 ISBN 978-4-33-492928-2)
    • 収録作品:泥雪 / 七番目の神様 / 龍を見送る / 光る背中 / 塔は崩れ、食事は止まず
  • 『桜の下で待っている』(2015年3月 実業之日本社 ISBN 978-4-40-853664-4)
    • 収録作品:モッコウバラのワンピース / からたち香る / 菜の花の家 / ハクモクレンが砕けるとき / 桜の下で待っている
  • 『やがて海へと届く』(2016年2月 講談社 ISBN 978-4-06-219925-4)
  • 『朝が来るまでそばにいる』新潮社、2016年
  • 『眠れない夜は体を脱いで』(2017年2月 徳間書店 ISBN 978-4-19-864345-4)
  • 『くちなし』文藝春秋、2017年

ノンフィクション[編集]

  • 『暗い夜、星を数えて 3・11被災鉄道からの脱出』(2012年2月 新潮社 ISBN 978-4-10-331961-0)

アンソロジー[編集]

「」内が彩瀬まるの作品

  • 愛ノリズム 私の恋愛短編集13(2007年5月 新風舎 ISBN 978-4-28-902025-6)「サマーノスタルジア」
  • 文芸あねもね(2012年3月 新潮文庫 ISBN 978-4-10-136062-1、2013年3月 FeBe オーディオブック配信)「二十三センチの祝福」
  • あのころの、(2012年4月 実業之日本社文庫 ISBN 978-4-40-855072-5)「傘下の花」
  • 運命の人はどこですか?(2013年4月 祥伝社文庫 ISBN 978-4-39-633832-9)「かなしい食べもの」
  • 明日町こんぺいとう商店街 招きうさぎと七軒の物語(2013年12月 ポプラ社 ISBN 978-4-59-113710-9)「伊藤米店」
  • きみのために棘を生やすの(2014年6月 河出書房新社 ISBN 978-4-30-902296-3)「かわいいごっこ」
  • 文学2015(2015年4月 講談社 ISBN 978-4-06-219447-1)「大自然」
  • 鍵のかかった部屋 5つの密室(2018年8月 新潮文庫nex ISBN 978-4-10-180136-0)「神秘の彼女」

単行本未収録作品[編集]

脚注[編集]