彰化駅 (台湾高速鉄道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
彰化駅
彰化駅
彰化駅
彰化
チャンファ
Changhua
台中 (28.153km)
(24.594km) 雲林
所在地 台湾彰化県田中鎮龍潭里站區路2段99号
駅番号 CHH
所属事業者 台湾高速鉄路股份有限公司
(台湾高速鉄道)
所属路線 台湾高速鉄道
キロ程 197.184km(南港起点)
駅構造 高架駅
ホーム 相対式 2面4線
乗車人員
-統計年度-
1,844人/日(降車客含まず)
-2018年-
乗降人員
-統計年度-
3,708人/日
-2018年-
開業年月日 2015年12月1日
テンプレートを表示
彰化駅
各種表記
繁体字 彰化站
高鐵彰化站
簡体字 彰化站
高铁彰化站
拼音 Zhānghuà zhàn
注音符号 ㄓㄤ ㄏㄨㄚˋ ㄔㄜ ㄓㄢˋ
発音: チャンファ ヂャン
ジャンファー ヂャン
台湾語白話字 Chiong-hoà Chhia-tsâm
日本語漢音読み しょうかえき
英文 Changhua Station
テンプレートを表示

彰化駅(しょうかえき、チャンファえき)は、台湾彰化県田中鎮にある台湾高速鉄道田中鎮彰95線郷道~田中鎮田尾郷方面の連絡道路(大社路一段)付近、彰化県田中鎮明禮国民小東南方の『新厝』地区に位置する。


駅構造[編集]

台湾高速鉄道
地上4階にホームができる。駅舎は総床面積22,174平方メートル、高さ21.46m。所在地田中鎮の地名の由来となった「水田中央」にちなんで、
自然光が差しこみやすい設計と、県内で盛んな花卉産業をイメージを盛り込むものとなる。
建物の柱は花びらの形状をしており、また、花の形の天窓から駅ホールに陽光が射し込んで、構内を取り囲むように設置された温室の緑が周辺の景色に溶け込み、
優雅な雰囲気さえ醸し出す。さらに、屋外は花、緑、水、畑をイメージしたデザインが大地に描かれたものとなる[1]
設計は台湾建築デザイン事務所の大元聯合建築師事務所(ARTECH)[2][3]
高速鉄道開業時から駅舎・ホーム用地は確保されており、待避線のスペースや架線柱は駅設置に対応している。

駅階層[編集]

地上
四階
身障者用エレベーター単式ホーム、左側のドアが開く
1番線 台湾高速鉄道 左営方面へ雲林駅
通過線 台湾高速鉄道 南下通過列車 左営方面へ
通過線 台湾高速鉄道 北上通過列車 台北南港方面へ
2番線 台湾高速鉄道 台北南港方面へ台中駅
身障者用エレベーター単式ホーム、左側のドアが開く
地上
三階
機電階層 機械室
地上
二階
ホール 身障者用エレベーター自動改札機エスカレーター、トイレ、AEDWi-fi待合スペース、駅事務所
地上
一階
コンコース 身障者用エレベーター出入口、チケットカウンター、自動券売機、案内カウンター、トラベルデスク、
ファミリーマートスターバックスモスバーガー
売店、トイレ、鉄道警察、バス乗り場、タクシー乗り場、駐車場

利用状況[編集]

年度別乗降人員は以下の通りである。(2015年は12月1日からの31日分の統計となる。)
彰化駅利用人員
年間[4] 1日平均[5]
乗車 降車 乗車 乗降
2015 88,066 90,477 178,543 2,840 5,759
2016 522,011 540,722 1,062,733 1,434 2,920
2017 630,601 640,084 1,270,685 1,728 3,481
2018 672,984 680,274 1,353,258 1,844 3,708

接続する他の交通機関[編集]

バスのりば
台湾鉄路管理局
  • 新田中駅(仮称)(将来的に台鉄田中駅との間を支線で結ぶ整備計画を県と鉄路局が協議している[6]
バス
路線番号 運営事業者 区間 備考
7路 高鉄快捷専車 彰化客運中国語版 員林 - 田尾 - 高鉄彰化駅 - 台鉄田中駅 彰化県轄公車中国語版所属。台湾高速鉄道利用者は無料
6路 員林客運中国語版 鹿港–員林 - 田尾–高鉄彰化駅 彰化県轄公車路線
6700 員林 - 高鉄彰化駅 - 二水
6701 員林 - 高鉄彰化駅 - 竹山
6702 員林 - 高鉄彰化駅 - 水里
6709 二林 - 高鉄彰化駅 - 田中
6735 台中 - 高鉄彰化駅 - 二水
6915 彰化客運 員林 - 田中 - 高鉄彰化駅
6927 南投 - 田中 - 高鉄彰化駅

駅周辺[編集]

『高速鉄道』カフェからの眺望

歴史[編集]

隣の駅[編集]

台湾高速鉄路
台湾高速鉄道
台中駅 - 彰化駅 - 雲林駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ (繁体字中国語)高鐵彰化站 花朵意象天窗(中央社2013年1月8日)
  2. ^ (繁体字中国語)高鐵彰化站決標 104年完工
  3. ^ 台湾新幹線・彰化駅、あす6日着工-フォーカス台湾(2013.2.6)
  4. ^ (繁体字中国語)高速鐵路各站旅客人數” (2019年1月25日). 2019年1月25日閲覧。交通部統計查詢網
  5. ^ 営業日数:364日(2016年2月6日から7日は2016年台湾南部地震により台中以南はそれぞれ半日、7月8日台風1号(ニパルタック)の影響で終日運休)
  6. ^ (繁体字中国語)高鐵彰化站將啟用 台鐵擬設田中支線
  7. ^ (繁体字中国語)台灣高鐵(2633) 公告S260高鐵彰化站興建工程合約採購(Ettoday 2013年1月8日)
  8. ^ (繁体字中国語)縣政要聞 高鐵彰化站今動工 結合花卉之都意象 預計104年通車(雲林縣政府 2013年2月6日)
  9. ^ (繁体字中国語)彰化田中高鐵站動工 (南投新聞-Youtube 2013年2月6日)
  10. ^ (繁体字中国語)交通部高速鐵路工程局施工現況-彰化站
  11. ^ 台湾高速鉄道の新駅、苗栗・彰化・雲林が12月開業-Taiwan Today/聯合報
  12. ^ “台湾新幹線、3つの新駅開業”. 日本経済新聞. (2015年12月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASDX01H1A_R01C15A2FFE000/ 2015年12月2日閲覧。 
  13. ^ “台湾新幹線3駅が開業=07年開始後初の新設”. 時事通信社. (2015年12月1日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201512/2015120100862&g=int 2015年12月2日閲覧。