彰考館徳川博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
徳川ミュージアム

彰考館徳川博物館(しょうこうかん とくがわはくぶつかん)は、茨城県水戸市見川にある水戸徳川家に関するものを扱っている博物館である。

各種の名称として、「彰考館・徳川博物館」「彰考館 徳川博物館」「水戸徳川博物館」「徳川博物館」「彰考館」などがあるが、博物館法に基づく登録においては「彰考館徳川博物館」となっている。

2011年4月1日に母体である財団法人 水府明徳会が公益財団法人徳川ミュージアムに改組となるにともない、「徳川ミュージアム」と改称された[1]

概要[編集]

彰考館徳川博物館の設置者は公益財団法人徳川ミュージアムである。徳川光圀をはじめとして、水戸藩主に由来するものが取り扱われている。

第一展示室、第二展示室、第三展示室の3つの展示室があり、通常の場合、第一展示室が常設展に、第二展示室と第三展示室は特別展に使われている。奥には庭園があり、偕楽園への通り抜けはできないものの、多くの木々等が見られる。

喫茶室としては、「ガーデンテラス」があり、開館時間中のほとんどの時刻において利用できる。また、大日本史を編纂した彰考館を起源とする彰考館文庫の資料庫が、敷地内に置かれている。

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • ドチリーナ・キリシタン(吉利支丹版西暦一六〇〇年)
  • 施氏七書講義巻第四十 問対上(金沢文庫本)
  • 周易正義(自巻第五至第九(金沢文庫本)
  • 大燈国師墨蹟 法語元弘二年孟夏
  • 日本書紀神代巻 上下
  • 服飾類(徳川家康譲品) - 白地葵紋檜葉草花模様辻ヶ花染胴服、紺地葵紋菊唐草丸模様辻ヶ花染小袖などの服飾品一括
(内訳)胴服6領、小袖6領、綿子2領、紙子小袖1領、陣羽織2領、裃1領、肩衣2領、長袴2腰、軽衫4腰、具足下着7領、下着2領、襟巻1枚、下帯3条、帯8条、夜着1領、蒲団2枚、蚊帳1張

脚注[編集]

  1. ^ ご挨拶(理事長 徳川 斉正) Archived 2015年11月26日, at the Wayback Machine.

関連項目[編集]

座標: 北緯36度22分18.2秒 東経140度26分44.9秒