影山雅永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
影山 雅永 Football pictogram.svg
名前
カタカナ カゲヤマ マサナガ
ラテン文字 KAGEYAMA Masanaga
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1967-05-23) 1967年5月23日(52歳)[1]
出身地 福島県いわき市[1]
選手情報
ポジション DF
ユース
1983-1985 福島県立磐城高校
1986-1989 筑波大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1992 古河電気工業 30 (0)
1992-1994 ジェフユナイテッド市原 54 (2)
1995 浦和レッドダイヤモンズ 0 (0)
1996 ブランメル仙台 19 (2)
監督歴
2006-2007 マカオの旗 マカオ
2008  シンガポール U-16
2010-2014 日本の旗ファジアーノ岡山
2017- 日本の旗U-20日本代表
1. 国内リーグ戦に限る。2007年10月15日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

影山 雅永(かげやま まさなが、1967年5月23日 - )は、福島県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー

来歴[編集]

福島県立磐城高校卒業後、筑波大学入学。蹴球部の同期に井原正巳中山雅史らがいる。大学在学中はそれほどの活躍を残すことが出来ず、一時は選手続行を諦め、指導者の勉強を始める決断を下し、筑波大大学院の受験をし合格する。そこへ、日本サッカーリーグ1部の古河電工(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)から誘いを受け、大学院を休学しながら現役を続行した。

Jリーグ開幕後もそのまま市原に在籍し開幕戦スタメン出場を果たし、レギュラーとして活躍した。1995年に浦和レッドダイヤモンズへ、1996年にジャパンフットボールリーグ所属のブランメル仙台(現・ベガルタ仙台)へ移籍、同年限りで現役引退。

引退後は籍を残してあった筑波大学大学院に復学。同時に日本代表スタッフとして1998 FIFAワールドカップ・アジア予選1998 FIFAワールドカップにおいて相手国の分析(スカウティング)を担当。

大学院修了、ワールドカップ終了とともにかねてからの願望であったドイツへ留学。ケルン体育大学の学生として籍を置きながら、地元クラブ1.FCケルンのB-Jugend (U-16) のコーチとして経験を積んだ。

その後、日本サッカー協会技術副委員長を務めていた今西和男との縁で、2001年からサンフレッチェ広島F.Cトップチームコーチに就任。2003年からは小野剛の参謀として活躍、2005年にはアジアサッカー連盟管轄内でプロのコーチとして指導することができるプロフェッショナル・ディプロマコーチライセンス(日本だとJFA 公認S級コーチと同格ライセンス)を習得。

2006年から日本サッカー協会スタッフとしてアジア各国に派遣される。同年2月1日から2008年1月までサッカーマカオ代表監督。

2008年よりシンガポールU-16代表監督に就任。既にAFC U-16選手権2008 (予選)を通過していたチームをAFC U-16選手権2008本大会で指揮するが、3敗全敗(1得点14失点)であった。

2009年、ファジアーノ岡山のヘッドコーチに就任。2010年シーズンより岡山の監督に就任。2010年の年間順位は17位に引き上げると2011年にはさらにチームを13位まで引き上げ、2012年には年間8位とチームの成績を上げるのに貢献したものの2013年には12位、2014年には8位と結局チームは岡山のJ1昇格を果たせないまま2014年シーズンをもって岡山の監督を退任した[1]

2017年、U-20日本代表監督に就任[2]。2018年のアジア予選を突破して2019年のFIFA U-20ワールドカップ、ポーランド大会への出場権を得るのに貢献したが[3]、アジア予選準決勝にてサウジアラビア代表に2-0で敗れた。この試合で影山は先発メンバーを9人変更ししかもこの時点で試合では初めてとなる3バックを試し、失敗を認めることになった。[4]

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 古河 18 JSL1部 9 0 0 0 0 0 9 0
1991-92 JR古河 21 2 0 0 3 0 24 2
1992 市原 - J - 0 0 3 0 3 0
1993 - 29 1 6 0 3 0 38 1
1994 - 25 1 2 0 0 0 27 1
1995 浦和 - 0 0 - 0 0 0 0
1996 B仙台 5 JFL 19 2 - 3 1 22 3
通算 日本 J 54 2 8 0 6 0 68 2
日本 JSL1部 30 2 0 0 3 0 33 2
日本 旧JFL 19 2 - 3 1 22 3
総通算 103 6 8 0 12 1 123 7

その他の公式戦

脚注[編集]

  1. ^ a b c “影山雅永監督 退任のお知らせ” (プレスリリース), ファジアーノ岡山J's GOAL), (2014年11月28日), http://www.jsgoal.jp/official/00182000/00182218.html 2014年11月28日閲覧。 
  2. ^ “U18代表は影山雅永氏、U15は有馬氏が監督就任” (プレスリリース), (2017年1月20日), http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1767568.html 2017年3月27日閲覧。 
  3. ^ 「センセーショナルな一撃!」「力の差は歴然」FIFA公式がU-19日本代表の“ポーランド行き”を詳報 | サッカーダイジェストWeb” (日本語). www.soccerdigestweb.com. 2018年11月1日閲覧。
  4. ^ U-19日本代表監督、先発9人変更&3バック採用の失敗認める 「選手の個性を出せると…」」『』。2018年11月1日閲覧。

関連項目[編集]

先代:
ジョアン・ドス・サントス・ロペス
サッカーマカオ代表監督
2006-2008
次代:
梁帥榮