彼女の運命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

彼女の運命』(かのじょのうんめい)は、1923年(大正12年)に発表された菊池幽芳による日本小説であり、同作を原作とし、1924年(大正13年)にマキノ映画製作所日活京都撮影所松竹下加茂撮影所帝国キネマ演芸芦屋撮影所の4社が競作で、1932年(昭和7年)に新興キネマが、それぞれ製作・公開した日本のサイレント映画である[1]

略歴・概要[編集]

小説『彼女の運命』の初出は、菊池幽芳の勤務先が発行する『大阪毎日新聞』、および『東京日日新聞』紙上で、1923年(大正12年)に掲載された。同年、大阪毎日新聞社から単行本『彼女の運命』が刊行されている[2]。菊池本人の回想するところによれば、連載当時、『白蓮紅蓮』に似た異常なまでの好評を得たとのことである[3]

家庭小説」のジャンルを確立したと言われた[4]己が罪』(1899年 - 1900年)、『乳姉妹』(1903年)、『毒草』(1917年)同様、本作もすぐに映画化された[1]。1924年(大正13年)には4社が競作し、1932年(昭和7年)には再映画化された[1]。以降、映画化されることはなかったので、すべてサイレント映画であった[1]

1924年 マキノ版[編集]

彼女の運命
監督 衣笠貞之助
脚本 衣笠貞之助
原作 菊池幽芳
出演者 鳥羽恵美子
撮影 大塚周一
製作会社 マキノ映画製作所等持院撮影所
配給 日本の旗 マキノ映画製作所
公開 日本の旗
前篇 1924年1月7日
後篇 1924年2月1日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

彼女の運命』(かのじょのうんめい)は、1924年(大正13年)製作・公開、衣笠貞之助監督による日本のサイレント映画女性映画である。前篇・後篇それぞれ7巻を同年1月7日2月1日に分けて公開したため、前篇は、日活版・松竹版が封切られた1月11日よりも4日早く公開することに成功した。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

1924年 日活京都版[編集]

彼女の運命
監督 鈴木謙作
原作 菊池幽芳
出演者 酒井米子
撮影 青島順一郎
製作会社 日活京都撮影所第二部
配給 日本の旗 日活
公開 日本の旗 1924年1月11日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

彼女の運命』(かのじょのうんめい)は、1924年(大正13年)製作・公開、鈴木謙作監督による日本のサイレント映画、女性映画である。マキノ版に4日遅れて、同年1月11日、松竹版と同時に公開された。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

1924年 松竹下加茂版[編集]

彼女の運命
監督 野村芳亭
池田義信
脚本 小田喬
原作 菊池幽芳
出演者 栗島すみ子
撮影 長井信一
小田浜太郎
製作会社 松竹下加茂撮影所
配給 日本の旗 松竹キネマ
公開 日本の旗 1924年1月11日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

彼女の運命』(かのじょのうんめい)は、1924年(大正13年)製作・公開、野村芳亭池田義信監督による日本のサイレント映画、女性映画である。前篇・後篇に分けて撮影したものの、マキノ版に4日遅れて、同年1月11日、日活版と同時に、前篇・後篇合わせて公開された。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

1924年 帝キネ芦屋版[編集]

彼女の運命
監督 若山治
脚本 山下秀一
原作 菊池幽芳
出演者 歌川八重子
撮影 河上勇喜
製作会社 帝国キネマ演芸芦屋撮影所
配給 日本の旗 帝国キネマ演芸
公開 日本の旗 1924年5月1日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

彼女の運命』(かのじょのうんめい)は、1924年(大正13年)製作・公開、若山治監督による日本のサイレント映画、女性映画である。マキノ版、日活版、松竹版に4か月遅れて公開された。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

1932年版[編集]

彼女の運命
監督 高見貞衛
脚本 小川正
原作 菊池幽芳
出演者 高津慶子
撮影 鷲田誠
製作会社 新興キネマ
配給 日本の旗 新興キネマ
公開 日本の旗 1932年8月19日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

彼女の運命』(かのじょのうんめい)は、1932年(昭和7年)製作・公開、高見貞衛監督による日本のサイレント映画、女性映画である。1924年(大正13年)に4社競作された作品のリメイクである。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

  • 高津慶子 - 住江子爵の遺児絹子
  • 浅田健二 - 松島勝巳
  • 望月礼子 - 重藤夏野・後に花江
  • 牧英勝 - 岩友辰雄
  • 小池春江 - 住江未亡人
  • 隅田ます代 - 辰雄の母奈良栄
  • 林喜美枝 - 百合子
  • 星英府 - 立花
  • 小杉凡作 - 与助

ビブリオグラフィ[編集]

国立国会図書館蔵書[2]

[編集]

  1. ^ a b c d 菊池幽芳、日本映画データベース、2009年11月26日閲覧。
  2. ^ a b OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2009年11月26日閲覧。
  3. ^ 「私の自叙伝」、『菊池幽芳全集』、菊池幽芳日本図書センター、1997年5月 ISBN 4820581791, 所収。
  4. ^ 菊池幽芳、『講談社 日本人名大辞典』、講談社 / 『百科事典マイペディア』、日立システムアンドサービスコトバンク、2009年11月26日閲覧。