征矢野半弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
征矢野半弥

征矢野 半弥(そやの はんや、1857年9月22日安政4年8月5日[1]) - 1912年明治45年)2月9日)は、衆議院議員自由党憲政党立憲政友会)、ジャーナリスト

経歴[編集]

小倉藩士の子として生まれるが、1866年小倉戦争小倉城が陥落したため、一家は築城郡下城井村(現在の築上郡築上町)に逃れた。自由党に加入し[2]、福岡県会議員、同議長を務めた[3]

1894年第3回衆議院議員総選挙で当選。以後当選回数は6回を数えた。その他、福岡日日新聞の社長を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第十八回帝国議会衆議院議員名簿』(第十八回帝国議会衆議院公報第一号附録)〔1903年〕、26頁。
  2. ^ 『新選代議士列伝』p.288
  3. ^ a b 『衆議院議員略歴』

参考文献[編集]

  • 『新選代議士列伝』 金港堂、1902年
  • 『第一回乃至第十九回総選挙 衆議院議員略歴』 衆議院事務局1936年