待ちぼうけ (堀ちえみの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
待ちぼうけ
堀ちえみシングル
B面 幸せはモザイク
リリース
ジャンル J-POP
歌謡曲
レーベル キャニオン・レコード
作詞・作曲 竹内まりや
チャート最高順位
堀ちえみ シングル 年表
真夏の少女
(1982年)
待ちぼうけ
(1982年)
とまどいの週末
(1982年)
テンプレートを表示

待ちぼうけ」(まちぼうけ)は、堀ちえみの3枚目のシングル1982年8月21日キャニオン・レコードよりリリースされた。

解説[編集]

  • 作詞・作曲担当は竹内まりや。竹内は提供曲を自身でカバーすることが多いが、この曲についてはセルフカバーしていない。
  • ジャケット写真は2種類存在する。
  • デモテープは竹内まりや本人によるものだったが、コーラス部分は山下達郎が歌唱しており、受け取った堀は大変驚いたという。
  • オリコンチャート上においては、週間最高順位26位、売上枚数9.8万枚を記録している[1]
  • この曲で、この年1982年末のTBSテレビ系列『第24回日本レコード大賞』新人賞を受賞した。
  • 2005年、歌手活動復帰後のコンサート『青春の忘れ物』の大阪公演にて、ゲストのMBSアナウンサー西靖がこの曲の歌詞を朗読し、もう一人ゲストのMBSパーソナリティ角淳一が途中で止めながら解説をするという演出があった。
  • レコード盤は、シングルでは初のミルキーレコード(白いレコード)であった。初のミルキーレコードは、ファースト・アルバム(LPレコード)の『少女』である。
  • SMAP稲垣吾郎は、当時、姉が『待ちぼうけ』のレコードを買ってきて、見たこともない奇麗な白いレコードに感動し、今も宝物のひとつだと、笑っていいとものゲスト出演の時や、他の番組でも語っている。毎日、聴いていたので歌詞を見なくても、歌えるとテレビでアカペラで歌った。

収録曲[編集]

  1. 待ちぼうけ
  2. 幸せはモザイク

受賞[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]