律増甲乙之科以正澆俗 礼崇升降之制以極頽風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

律増甲乙之科以正澆俗 礼崇升降之制以極頽風は、勝海舟専修学校(現在の専修大学)の学生に贈った言葉。中国の初唐時代の政治家、長孫無忌太宗皇帝にすすめた「進律疏表」からの引用である。

[編集]

書き下し[編集]

「律は甲乙の科を増し、以て澆俗を正す。礼は升降の制を崇め、以て頽風を極(と)む」

現代語訳[編集]

「法律はさまざまな条文を増やし、それによって薄情な世俗を正す。礼法はさまざまな制度を尊重し、それによって退廃の気風をとめる」

関連項目[編集]