後唐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
後唐
前晋
後梁
前蜀
923年 - 936年 後晋
遼
後蜀 (十国)
後唐の位置
  後唐
公用語 漢語(中国語
首都 洛陽
皇帝
923年 - 926年 荘宗
926年 - 933年明宗
933年 - 934年閔帝
934年 - 936年末帝
変遷
建国し後梁を滅ぼす 923年
後晋によって滅亡936年

後唐(こうとう、923年[1] - 936年[2])は、中国の王朝で、五代の一つである[3]李淵の後継者を自認して国号をとした[1]ので、区別するため後唐と呼び習わす[4]。都は洛陽[1]

歴史[編集]

唐末の混乱期に、突厥沙陀部族出身の李克用が河東節度使として晋陽(太原)に駐屯し、山西地方に打ち立てた軍閥(国)がその前身である[5]。李克用は895年唐の朝廷から晋王の位を授けられたが、朱全忠との勢力争いに敗れた[6]。朱全忠が唐を滅ぼして後梁を建てると、李克用はこれを認めず後梁と戦った[6]。李克用の死後、子の李存勗が晋王を継ぐと後梁の内紛もあって晋が優勢となり[7]、力を得た李存勗は923年皇帝を名乗って後唐を建てた[1]。この際、を号したのは、祖父の李国昌(朱邪赤心)がかつて唐の朝廷(懿宗)から反乱鎮圧の功により国姓を賜っていたから[6]で、唐の後継を自認し、同年に後梁を滅ぼして中国北部の大部分を制圧し、洛陽に都を移した[1]

後梁に形式的に臣従し[8]、王に封じられていた南方の諸国(十国)は、後梁の滅亡により後唐へ使者を派遣した[9]。このときに使者を派遣しなかった四川地方前蜀[9]、925年に李存勗(荘宗)により滅ぼされた[10]

四川征服後、李存勗(荘宗)は次第に驕慢となり奢侈に走り[9]、さらには朱全忠が廃止した唐の遺習、軍隊に宦官の監察を付ける制度を復活させるなどして将士の信頼を失い、926年地方反乱に見舞われる中で部下によって殺された[1][9]。李克用の養子李嗣源(明宗)は、反乱を収拾させると自ら帝位についた。宰相馮道を登用し、政治の建て直しを進めた明宗の治世は比較的平穏に過ぎたが、その晩年再び帝位をめぐる混乱が起こった。933年、明宗が病床に倒れると秦王李従栄が簒奪を企てて殺され、明宗の没後李従厚(閔帝)が後を継ぐと、明宗の養子李従珂が反乱を起こし、帝位を奪った。

しかし、李従珂と共に明宗の古くからの腹心で、明宗の女婿でもある石敬瑭(瑭は「王」偏に「唐」)は、李従珂が即位すると晋陽で後唐に対する反乱を起こした。石敬は北の契丹)に降って援軍を要請すると、自ら帝位について後晋を建てた(936年)。同年、後晋は李従珂を破り、後唐を滅ぼした。

後唐朝では、宰相馮道の提案により経書の木版印刷が932年から開始された[11][* 1]。この事業は当初従来の王朝と同様に石刻によることが計画されたが、経費がかさむことから木版印刷となり、後周の代953年(広順3年)に完成をみた[11]

後唐の皇帝[編集]

  1. 荘宗(李存勗 在位923年 - 926年李克用の子。
  2. 明宗(李嗣源 在位926年 - 933年)李克用の養子。
  3. 閔帝(李従厚 在位933年 - 934年)李嗣源の子。
  4. 末帝(李従珂 在位934年 - 936年)李嗣源の養子。

系図[編集]

朱邪執宜
 
朱邪赤心
(李國昌)
 
李克用
(太祖)
 
荘宗李存勗1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永王李存覇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
邕王李存美
 
 
魏王李継岌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
薛王李存礼
 
 
守王李継潼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
申王李存渥
 
 
光王李継嵩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸王李存乂
 
 
真王李継嶦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
通王李存確
 
 
川王李継嶢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雅王李存紀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
李廷鸞
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
李落落
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
李存矩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
李霓
(徳宗)
 
 
明宗李嗣源2
 
李従審
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秦王李従栄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
李従璨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
許王李従益
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
閔帝李従厚3
(宋王)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永寧公主
(李皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宣憲皇后
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高祖石敬瑭
(後晋)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
末帝李従珂4
(廃帝)
 
李重吉
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(王某)
 
 
 
 
 
 
雍王李重美
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実子
 
 
養子(仮子)
 
 
 
 

後唐の元号[編集]

  1. 同光923年 - 926年
  2. 天成:926年 - 930年
  3. 長興:930年 - 933年
  4. 応順934年1月 - 4月
  5. 清泰:934年 - 936年

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 後唐以前の木版印刷は仏教関係および暦などに限られていた[11]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 愛宕元斯波義信、森田憲司「第1章 五代」『中国史 3:五代 – 元』松丸道雄、池田温斯波義信神田信夫濱下武志編、山川出版社〈世界歴史大系〉、1997年、3-71頁。ISBN 4-634-46170-6。
  • 周藤吉之、中嶋敏『五代と宋の興亡』講談社講談社学術文庫〉、2004年。ISBN 4-06-159679-9。

関連項目[編集]

先代:
後梁
後唐
923年 - 936年
次代:
後晋