後房雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

後 房雄(うしろ ふさお、1954年6月24日[1] - )は、日本政治学者行政学者愛知大学地域政策学部教授。

来歴[編集]

富山県出身[2]。1977年、京都大学法学部を卒業後、1982年に名古屋大学大学院法学研究科博士後期課程を単位取得退学。大学院ではマルクス主義政治学の大家田口富久治教授に師事。同年名古屋大学大学法学部助手文部教官に任官。その後、助教授を昇格を経て、1990年に教授昇格。

専門はNPOやマルクス主義政治学、イタリア政治などで、「マルクス主義国家論の新展開と行政研究の視角」などの論文がある。

日本行政学会理事、日本NPO学会理事、1997年2004年、2006年~現在まで市民フォーラム21・NPOセンター代表理事も務める。

名古屋市政との関わり・発言[編集]

2009年4月の名古屋市長選では、河村たかし陣営のマニフェスト作成において中心的な役割を果たし、市長当選後に「市長の戦略チーム」として河村が立ち上げた諮問会議の事務局長に就いたが[3]、市長就任1ヶ月後に市経営アドバイザーを「一身上の都合」で辞任した[4]

その後は河村市長について「「庶民」をあおることだけうまいというポピュリスト」「真面目な関心などなく、毎晩焼酎を飲みながら選挙と陰謀のことばかり考えている人」と痛罵[5]、中日新聞の寄稿の中では「河村市長は議会との対立を演出するなど政治家としての資質は高いが、マニフェストにある政策を実行していく行政経営者としての資質は著しく低い」と述べている。また、「マネジメントの資質と関心がこれほど乏しい人が市長をやっていてよいのかという根本的な疑問がある一方で、次の市長選挙ではそれにもかかわらず勝ってしまうであろうというのが困ったところである。」とも述べている。[6]河村市長は小沢一郎から密かに支援を受けており「それほど長く市長をやる気も無い」、そして「ありえない」「まさに支離滅裂」、「衰退過程に入った河村氏は、もはや橋下知事にとっての利用価値も低下していくことになります。」などと痛烈な批判を繰り返している[7]

2010年に政令指定都市で初の成立となった名古屋市議会リコール請求については、後の離反後に支援団体代表を務めていた鈴木望磐田市長(のちに衆議院議員)ら署名者側に「空前のいいかげんさでルール感覚が欠如し」明らかな犯罪行為があり「不成立は当然」と述べ[8]、河村の市長選への再出馬表明に対しては「選挙遊び」であり、「支持する人はまずいない」「焼酎を飲みながらの思いつきの作戦もそろそろ限界」とし、再出馬せず辞職するべきとの考えを示した[9]

2016年には、河村市長による名古屋城の木造復元化計画に対し、文化庁の許可や市議会との合意が不可能であるとして、厳しく批判している[10]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『グラムシと現代日本政治--「受動的革命」論の思想圈』(世界書院、1990年)
  • 『政権交代のある民主主義--小沢一郎とイタリア共産党』(窓社、1994年)
  • 『「オリーブの木」政権戦略--イタリア中道左派連合から日本政治へのメッセージ』(大村書店、1997年)
  • 『NPOは公共サービスを担えるか―次の10年への課題と戦略』(法律文化社、2009年)
  • 『政権交代への軌跡―小選挙区制型民主主義と政党戦略』(花伝社、2009年)

共著[編集]

  • 『政治学と現代世界』(御茶の水書房、1983年)
  • 『転換期の福祉国家と政治学(年報政治学1988)』(岩波書店、1989年)
  • 『ケインズ主義的福祉国家 先進6ヵ国の危機と再編』(青木書店、1989年)
  • 『国際化時代の行政(年報行政研究24)』(ぎょうせい、1990年)
  • 『グラムシの思想空間 グラムシの新世紀・生誕101年記念論集』(社会評論社、1992年)
  • 『グラムシと現代世界』(社会評論社、1993年)
  • 『新保守主義下の行政(年報行政研究28)』(ぎょうせい、1993年)
  • 『講座現代の政治学第3巻 現代政治の理論と思想』(青木書店、1994年)
  • 『現代日本の法と政治』(三省堂、1994年)
  • 『講座行政学第3巻 政策と行政』(有斐閣、1994年)
  • 『非営利協同の時代』(シーアンドシー出版、1995年)
  • 『55年体制の崩壊(年報政治学1996)』(岩波書店、1996年)
  • 『ウォルフレンを読む』(窓社、1996年)
  • 『NPOと新しい協同組合』(シーアンドシー出版、1996年)
  • 『連立政治 同時代の検証』(朝日新聞社、1997年)
  • 『比較・選挙政治 90年代における先進5カ国の選挙』(ミネルヴァ書房、1998年)
  • 『行政-NPOの協働関係と事業委託のルール』(市民フォーラム21・NPOセンター、2001年)
  • 『行政の新展開』(法律文化社、2002年)
  • 『政治の構造改革 政治主導確立大綱』(東信堂、2002年)
  • 『事業委託におけるNPO-行政関係の実態と成熟への課題』(市民フォーラム21・NPOセンター、2003年)
  • 『NPOは自治体を救えるか!? 改革市長の「小さな自治体」構想』(市民フォーラム21・NPOセンター、2003年)
  • 『市民が作った市政の通信簿 - 東海市まちづくり指標のすべて』(市民フォーラム21・NPOセンター、2004年)
  • 『新版 比較・選挙政治--21世紀初頭における先進6カ国の選挙』(ミネルヴァ書房、2004年)
  • 『分権社会の到来と新フレームワーク』(日本評論社、2004年)
  • 『市民参加型社会とは 愛知万博計画過程と公共圏の再創造』(有斐閣、2005年)

編著[編集]

  • 『大転換 - イタリア共産党から左翼民主党へ』(窓社、1991年)
  • 『NPOがよくわかる本 - はじめてNPOにふれる人のために』(市民フォーラム21・NPOセンター、2002年)
  • 『イギリスNPOセクターの契約文化への挑戦 - コンパクトと行政-NPO関係の転換』(市民フォーラム21・NPOセンター、2004年)
  • 『事業委託のディレンマとNPOの戦略 - 協働の理念から実践へ』(市民フォーラム21・NPOセンター、2004年)
  • 『NPOは公共サービスを担えるか? NPO、企業、行政、組合からみた指定管理者制度』(市民フォーラム21・NPOセンター、2005年)

訳書[編集]

  • ボブ・ジェソップ『プーランザスを読む マルクス主義理論と政治戦略』(合同出版、1987年)
  • ヴィクトリア・デ・グラツィア『柔らかいファシズム--イタリア・ファシズムと余暇の組織化』(有斐閣、1989年)
  • ピエトロ・イングラオ『イタリア共産党を変えた男--ピエトロ・イングラオ自伝』(日本経済評論社、2000年)
  • ジュリアン ルグラン『準市場 もう一つの見えざる手―選択と競争による公共サービス』(法律文化社、2010年)

脚注[編集]

  1. ^ 読売年鑑 2019』(読売新聞東京本社、2019年)p.295
  2. ^ 読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.303
  3. ^ 「副市長に民間人 直属の諮問会議も設置」『中日新聞』2009年4月27日
  4. ^ 朝日新聞2009年6月13日
  5. ^ 後房雄リコール詳報 [2010年11月25日(木)] 何のための選挙? [2010年11月15日(月)]
  6. ^ 河村市政1年の真実―内側から見た光と影-2010年04月26日中日新聞への寄稿
  7. ^ 後房雄「懲りない第3勢力論 [2010年12月09日(木)]」 「迷走 [2010年12月08日(水)] 」「「中京都」構想? [2010年12月05日(日)] 」
  8. ^ 後房雄リコール詳報 [2010年11月25日(木)]
  9. ^ 後房雄「選挙遊び [2010年11月26日(金)] 」
  10. ^ 「名古屋城天守閣の木造復元構想 三浦正幸・広島大教授、後房雄・名古屋大教授の話 /愛知」毎日新聞名古屋城天守閣の木造復元構想 三浦正幸・広島大教授、後房雄・名古屋大教授の話 /愛知