後肢陽明胃経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

後肢陽明胃経(こうしようめいいけい)とは胃経に属する後肢を流れる陽経の経絡である。人間でいうところの足の陽明胃経に相当する。

目次

後肢陽明胃経に所属する経穴の一覧

承泣(しょうきゅう)

取穴部位:眼窩下縁中央部
主治:結膜炎、流涙症、眼瞼疾患、風邪、視神経萎縮

四白(しはく)

取穴部位:眼窩下孔の窪み
主治:眼科疾患、顔面神経麻痺、顔面痛

鎖口(さこう)

取穴部位:口角からの延長線上
主治:よだれ、破傷風、口内炎、風邪、熱性病

開関(かいがん)

取穴部位:口角からの延長線で咬筋前縁
主治:口内炎、顔面痛、歯痛、破傷風

抱さい(ほうさい)

取穴部位:奥歯に対する咬筋
主治:口内炎、歯痛、顔面痛

下関(げかん)

取穴部位:顎関節前下縁の窪み
主治:歯痛、顔面痛、破傷風、耳疾患

人迎(じんげい)

取穴部位:頚静脈上1/3
主治:喘息、消化不良、のどの痛み

天枢(てんすう)

取穴部位:臍の両側
主治医:子宮内膜炎、腹痛、便秘、尿閉、腸炎

大こう(だいこう)

取穴部位:大腿骨大転子前下方の窪み
主治:後肢麻痺、股関節の痛み

後伏兎(ごふくと)

主治:股関節・腰部疼痛、後肢疾患

掠草(りゃくそう)

取穴部位:膝蓋骨下方の外靭帯と中靭帯の間の窪み
主治:膝痛、後肢麻痺

后三里(ごさんり)

取穴部位:下腿外側1/4
主治:嘔吐、便秘、下痢、咳、後肢疾患、発熱

上巨虚(じょうこきょ)

取穴部位:后三里下方の骨間の隙間
主治:便秘、消化不良

豊隆(ほうりゅう)

取穴部位:上巨虚下方の筋溝
主治:咳、便秘、神経症状、後肢麻痺、気管支炎

解渓(かいけい)

取穴部位:足首の窪み
主治:便秘、神経症状、捻挫、後肢疾患

滴水(てきすい)

取穴部位:第3・4足根骨間の窪み
主治:顔面むくみ、風邪、熱性病、中毒、後肢疾患

趾間(内)(しかん(ない))

取穴部位:第2・3趾間

後蹄頭(内)(ごていとう(ない))

取穴部位:第2爪後
主治:歯痛、熱病、便秘、消化障害、後肢麻痺、下部尿路疾患

関連項目

今日は何の日(4月8日

もっと見る

「後肢陽明胃経」のQ&A