後藤庸介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

後藤 庸介(ごとう ようすけ、1977年(昭和52年)11月21日 - )[1]は、日本演出家プロデューサー神奈川県横浜市出身。

麻布高等学校京都大学文学部を経て、2002年TBSに入社。その後フリーの期間を経て、2009年共同テレビジョンに入社し、若松節朗に師事[1]。ほとんどの作品で、演出(監督)とプロデュースを兼ねる。

2013年の自主制作映画「もしもし、詐欺ですけど」は、蓼科高原映画祭にてグランプリを受賞[1]

監督・プロデュース作品[編集]

  • 7万人探偵ニトベ (2009年、BS朝日) 演出
  • 泣かないと決めた日 (2010年、フジテレビ) 演出
  • 刑事定年 (2010年、BS朝日) 演出
  • 花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011 (2011年、フジテレビ) 演出
  • 世にも奇妙な物語
    • '12春の特別編 「試着室」 (2012年、フジテレビ) 演出
    • '12秋の特別編 (2012年、フジテレビ) プロデュース
    • '14秋の特別編 「未来ドロボウ」 (2014年、フジテレビ) 演出・プロデュース
    • '15傑作復活編 「ズンドコベロンチョ」「ががばば」 (2015年、フジテレビ) 演出・プロデュース
    • '17春の特別編 「カメレオン俳優」「しりとり家族」「しりとり家族ふたたび」 (2017年、フジテレビ) 演出・プロデュース
    • '17深夜の特別編「SON-TAKU」(2017年、フジテレビ)演出・プロデュース
    • '17秋の特別編「フリースタイル母ちゃん」「新章ががばば」(2017年、フジテレビ)脚本・演出・プロデュース
  • もしもし、詐欺ですけど (2013年、自主制作) 脚本・監督
  • 鍵のない夢を見る (2013年、WOWOW) 演出・アソシエイトプロデュース
  • 星新一ミステリーSP 「華やかな三つの願い」 (2014年、フジテレビ) 演出・プロデュース
  • 妄想彼女 (2015年・フジテレビ) 演出・プロデュース
  • 代償 (2016年、Hulu) 監督・プロデュース
  • パンセ (2017年、テレビ東京) 演出・プロデュース
  • 暇なJD・三田まゆ~今夜、私と“優勝”しませんか♥~ (2017年、テレビ朝日) 演出
  • 名探偵コジン〜突然コマーシャルドラマ〜 (2018年、フジテレビ) 演出・プロデュース
  • さすらい温泉 遠藤憲一 (2019年、テレビ東京) 監督・プロデュース
  • 直撃!シンソウ坂上SP「元号をとれ!」 (2019年1月10日、フジテレビ) 監督・プロデュース
  • ザ・リアリティ・ショー~突然コマーシャルドラマ2~(2019年4月20日、フジテレビ)- 監督・プロデュース[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 後藤庸介”. 会員名簿. 日本映画監督協会. 2017年9月1日閲覧。
  2. ^ ザ・リアリティ・ショー~突然コマーシャルドラマ2~” (日本語). フジテレビ. 2019年4月21日閲覧。
[ヘルプ]