後藤得三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

後藤 得三(ごとう とくぞう、1897年明治30年)1月17日 - 1991年平成3年)7月22日)は、シテ方喜多流能楽師。十四世喜多六平太の高弟。

後藤真平の次男として大阪に生まれる。1909年上京、十四世喜多六平太に弟子入りする。仕舞『小鍛冶』で初舞台。1954年第一回能楽渡欧団の一員としてヴェニス国際演劇祭に参加。1957年第二回能楽渡欧団の一員としてパリ文化祭に参加。1963年日本芸術院賞受賞。1967年芸術祭賞受賞。1970年重要無形文化財保持者(人間国宝)認定。1982年日本芸術院会員。1984年勲三等瑞宝章受章。

兄に俳人後藤夜半(ごとう やはん)。弟に喜多流十五世宗家喜多実。1949年に観世栄夫が喜多流に転流した際に養子とするが、観世流に復籍した際に解消。