後藤政子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

後藤 政子(ごとう まさこ、1941年 - )は、日本ラテンアメリカ現代史の研究者。神奈川大学外国語学部名誉教授東京外国語大学スペイン語学科卒業。

著書[編集]

  • 『現代のラテンアメリカ ― この激動の20年』時事通信社 1982年
  • 『新現代のラテンアメリカ』時事通信社 1993年
  • 『キューバは今』神奈川大学評論編集専門委員会編(『神奈川大学評論ブックレット』17)、御茶の水書房、2001年

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • ラウル・バルデス・ビボ 『アンゴラの白い雇い兵』 恒文社、1977年
  • ラウル・バルデス・ビボ 『エチオピアの知られざる革命』 恒文社、1978年
  • ジョアン・E・ガルセス 『アジェンデと人民連合 ― チリの経験の再検討』 時事通信社、1979年
  • フィリップ・ベリマン英語版 『解放の神学とラテンアメリカ』 同文館出版、1989年
  • カストロ 『カストロ革命を語る』 同文館出版、1995年
  • ガブリエル・ガルシア=マルケス 『戒厳令下チリ潜入記 ― ある映画監督の冒険』 岩波書店、1999年
  • パコ・イグナシオ・タイボII 『エルネスト・チェ・ゲバラ伝』上・下、海風書房、2001年
  • E.フィスゴン英語版 『グローバリゼーションとは何か? ― まんがで学ぶ世界の経済』 明石書店、2005年
  • アレイダ・マルチ英語版 『わが夫、チェ・ゲバラ 愛と革命の追憶』 朝日新聞出版、2008年