後藤次男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
後藤 次男
Tsuguo Goto 1950 Scan10008b.jpg
1950年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (1924-01-15) 1924年1月15日
没年月日 (2016-05-30) 2016年5月30日(92歳没)
身長
体重
175 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1948年
初出場 1948年
最終出場 1957年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 大阪タイガース
    阪神タイガース (1958 - 1959, 1966 - 1969, 1978)

後藤 次男(ごとう つぐお、1924年1月15日 - 2016年5月30日)は、熊本県熊本市出身の元プロ野球選手内野手外野手)・コーチ監督解説者評論家

愛称は「クマさん」。

来歴・人物[編集]

熊本県立工業中等学校在学中の1939年、二塁手として春夏連続で甲子園に出場。1941年には主将兼捕手として選抜中等学校野球大会に出場し、ベスト4まで勝ち進んだ。卒業後は法政大学に進学し、東京六大学リーグでは4番打者として活躍。リーグ通算32試合出場、121打数30安打、打率.248。大学卒業後の1948年大阪タイガースへ入団。母校・法大の先輩である若林忠志監督の下、ルーキーながら二塁手や外野手として全試合に出場。同年に記録した129安打は新人での球団史上最多安打であった[1]。2年目の1949年からは4年連続で3割を超える打率をマークし、主にダイナマイト打線の3番打者として活躍。守備では投手と遊撃手以外の7ポジションを経験しており、藤村富美男の8ポジションに次いで多く[2]ユーティリティプレイヤーの先駆者的存在であった。温厚な人柄と風貌から「クマさん」の愛称で親しまれ、1950年に8打席連続安打で当時の日本記録である連続塁打25を打ち立てると、1951年には155安打で同年のシーズン最多安打に輝いた。1952年には中学以来となる捕手転向を打診されたが、櫟信平の欠場で一塁手に転向。同年は主に1番を任された。1953年途中に鎖骨を骨折した影響で1954年は出場ゼロに終わり、1955年からは代打での起用が中心となる。1957年限りで現役を引退。

引退後は阪神で一軍打撃コーチ(1958年, 1966年 - 1967年)、二軍監督(1959年)、ヘッドコーチ(1968年)、監督(1969年, 1978年)を歴任。コーチ業の合間を縫って、日本経済新聞評論家1960年 - 1965年)と日本短波放送(1960年 - 1962年)・ラジオ関西1964年解説者を務めた。二軍監督時代にはチームをウエスタン・リーグ優勝に導き、本間勝を送り出した。評論家時代はゴーストライターを使わずに自筆で原稿を書き、1年目の1960年には日本シリーズ大洋の優勝を予想して見事に的中させた。一軍打撃コーチ時代には遠井吾郎藤田平を育てた。1969年と1978年には監督を務めたが、本来の力を発揮するには至らなかった。1969年は吉田義男村山実がコーチ兼任となったほか、母校・法大から田淵幸一が入団し、江夏豊がエースとしての道を歩み始めた。ウィリー・カークランドを全試合4番に起用した。前半は首位を快調に走るなど見せ場を作ってシーズン2位と好成績を挙げたものの、村山の選手兼任監督就任に伴い1年で退任。1978年は春季キャンプで記者陣からキャッチフレーズを聞かれると「みんな仲良くボチボチと」と答え、チームのスローガンを問われた際は「お祭り野球」と答えた。開幕後は「全員リリーフ、全員先発」という無計画すぎる起用方針で投手陣が崩壊し、野手陣の故障も相次ぐなど悪循環に陥って球団史上初の最下位に沈んだが、藤田が208打席連続無三振、中村勝広がシーズン守備率.998と日本記録を残した。同年のシーズン後半には掛布雅之を4番に我慢強く起用したほか、川藤幸三が代打で生き残るきっかけを作った。監督生活は2期ともに1年で終わっているため、その経緯から「つなぎの後藤」と言われた。監督退任後はサンテレビ解説者(1970年 - 1977年1979年 - 1995年)を務めた。

妻に先立たれたこともあり、西宮市内の自宅で一人暮らしをしていた。外食が中心で、週の半分は麻雀に興じていたとの事(2008年5月28日付日刊スポーツ大阪版で本人がコメントを寄せている)。

2010年8月24日京セラドーム大阪で行われた阪神VS広島15回戦の始球式に登場。当日は「オールドユニフォームシリーズ」の一環として、阪神ナインと同様に大阪タイガース時代の黒色の復刻ユニフォームを着用して登板した。始球式後「60何年ぶりだから懐かしいね」[3]と感慨深げに話した。またこの日、サンテレビで放送された同試合の中継にゲスト解説として久々に出演した[4]。また2014年8月1日にも甲子園90周年記念としてサンテレビで放送された同試合の中継にゲスト解説として出演した。2015年4月7日、甲子園球場で行われた阪神対DeNA1回戦の試合前に行われた、阪神球団創設80周年記念開幕セレモニーで始球式を務めた[5][6]のが、最後の公の場となった。2016年5月30日老衰のため逝去[7](92歳没)。逝去翌日に開幕した同年の日本生命セ・パ交流戦で、6月3日に開催の阪神VS西武1回戦(甲子園)は後藤追悼の意を込めて阪神球団の半旗を掲揚し、阪神ナインは喪章をつけてプレーした[6]

エピソード[編集]

  • 現役時代の後藤は36インチ(91.4cm)のバットを使用しており、藤村が「物干し竿」と呼ばれた長尺バットを使うまでは球界一長いバットであった。その後藤でも「物干し竿」はうまく振り抜けなかった[8]
  • 指導者時代から解説者時代にかけて、お世辞にも綺麗とはいえない自転車に乗って甲子園球場に出勤していた。江夏が「監督があんなのに乗っていたら俺らが恥ずかしい」と言うと「自転車で飯食っている訳じゃない」と意に介さなかった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1948 大阪 140 532 511 46 129 20 3 5 170 36 27 6 6 -- 15 -- 0 20 -- .252 .274 .333 .606
1949 125 499 473 87 142 16 4 10 196 40 29 12 5 -- 20 -- 1 18 -- .300 .330 .414 .744
1950 112 494 475 91 153 24 5 15 232 79 17 14 2 -- 16 -- 1 18 9 .322 .346 .488 .834
1951 116 524 502 77 155 23 2 13 221 75 14 7 2 -- 20 -- 0 24 22 .309 .335 .440 .775
1952 120 566 536 75 161 28 6 3 210 34 19 15 3 -- 25 -- 2 16 18 .300 .334 .392 .726
1953 96 337 322 33 89 13 3 3 117 40 4 6 5 -- 10 -- 0 12 13 .276 .298 .363 .662
1955 69 158 156 6 35 5 0 1 43 15 0 2 0 1 1 0 0 16 5 .224 .228 .276 .503
1956 87 160 147 1 27 1 0 0 28 15 0 3 2 2 8 0 1 19 6 .184 .228 .190 .418
1957 84 151 138 8 32 2 0 1 37 21 3 2 0 3 9 0 1 17 7 .232 .278 .268 .546
通算:9年 949 3421 3260 424 923 132 23 51 1254 355 113 67 25 6 124 0 6 160 80 .283 .310 .385 .695
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
1969年 阪神 2位 130 68 59 3 .535 6.5
1978年 6位 130 41 80 9 .339 30.5
通算:2年 260 109 139 12 .440
※1969年から1996年までは130試合制

背番号[編集]

  • 8 (1948年 - 1949年)
  • 22 (1950年 - 1951年)
  • 12 (1952年 - 1958年)
  • 50 (1959年)
  • 55 (1966年 - 1969年)
  • 71 (1978年)

脚注・出典[編集]

  1. ^ この記録は1998年坪井智哉が135安打を記録して塗り替えている。
  2. ^ 捕手は未経験
  3. ^ 【阪神】86歳後藤次男氏が復刻ユニ始球式 - 日刊スポーツ、2010年8月24日
  4. ^ この試合はGAORAでも同時放送されたほか、スカイ・A sports+でも深夜に録画で放送された。
  5. ^ 本拠地甲子園球場で開幕セレモニーを開催!, , 阪神タイガース公式サイト「球団ニュース」 (株式会社阪神タイガース), (2015年4月7日), http://hanshintigers.jp/news/topics/info_3751.html 2016年6月3日閲覧。 
  6. ^ a b 6/3 対埼玉西武戦は元阪神タイガース一軍監督 後藤次男氏のご冥福をお祈りして半旗掲揚と喪章を着用, , 阪神タイガース公式サイト「球団ニュース」 (株式会社阪神タイガース), (2016年6月3日), http://hanshintigers.jp/news/topics/info_4343.html 2016年6月3日閲覧。 
  7. ^ “元阪神監督の後藤次男氏死去、92歳 「クマさん」で親しまれ”. 産経新聞. (2016年6月2日). http://www.sankei.com/west/news/160602/wst1606020072-n1.html 2016年6月2日閲覧。 
  8. ^ 吉田義男「阪神タイガース」新潮新書、2003年

関連項目[編集]