後藤牧太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ごとう まきた
後藤 牧太
Goto Makita, professor of the Tokyo Higher Normal School.jpg
生誕 (1853-11-05) 1853年11月5日嘉永6年10月5日
三河国宝飯郡下地村(現・愛知県豊橋市
死没 (1930-03-25) 1930年3月25日(76歳没)
東京府東京市本郷区西片町(現・東京都文京区西片
国籍 日本の旗 日本
出身校 慶應義塾
職業 教育者
肩書き 東京高等師範学校名誉教授(1914年)
配偶者 せつ(西友輔妹)
子供 隆造、慶二、久(佐藤吉郎妻)

後藤 牧太(ごとう まきた、1853年11月5日嘉永6年10月5日) - 1930年昭和5年)3月25日)は明治時代から昭和初期にかけての日本教育者理科教育の先駆者で、「手工教育の開拓者」と呼ばれる。

来歴[編集]

三河国宝飯郡出身。1868年(慶応4年)に慶應義塾に入学。翌年、下谷医学校に勤めたが、ほどなく慶應義塾に戻って勉学を続け、後には義塾の教員も務めた。1877年(明治10年)に東京師範学校雇教師、次いで同校訓導となり、1881年(明治14年)には教諭に就任。物理学の著書を多く執筆しており、1885年(明治18年)には、弟子であり当時群馬県師範学校の教諭であった滝沢菊太郎、篠田利英、柳生寧生とともに、簡易器械を用いた実験を中心とする教科書『小学校生徒用物理書』を出版した。1887年(明治20年)からイギリススウェーデンに派遣され、帰国後は高等師範学校筑波大学の前身)教授となり、1914年大正3年)7月に退官し東京高等師範学校名誉教授となった[1]後も、没するまで講師として同校に勤務した。

明治16年(1883年)の大日本教育会結成より会員として参加し、大日本教育会・帝国教育会で32年間評議員を務め、名誉会員となる。また辻新次湯本武比古、高津鍬三郎などと共に言文一致会を結成。帝国教育会の國字改良部の羅馬字書方取調委員の筆頭として、小西信八と共に国字改良に携わり、「かなのくわい」の有力者として活動した。明治38年(1905年慶應義塾評議員となる。

栄典[編集]

著作[編集]

  • 「三十年前の慶応義塾」(『教育時論』第635号、開発社、1902年12月)
  • 「修学旅行の始まり」(『教育』第344号、茗渓会、1911年10月)
  • 「義塾懐旧談」(『三田評論』第229号、慶応義塾、1916年8月)
    • 「新銭座から三田時代まで」(『慶応義塾誌』 慶応義塾誌編纂部、1922年)
  • 「戦後に於ける我国の理科教育」(『現代教育』第52号、現代教育社、1917年11月)
  • 「留学生時代の思い出」(『科学知識』第4巻第8号、科学知識普及会、1924年8月)
著書・編書

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連文献[編集]