徐三庚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
写真

徐三庚(じょ さんこう、男性、1826年 - 1890年)は、中国清朝末期の篆刻家である。

を袖海・辛穀、は金罍山民・井罍山民。浙江上虞の人。

略伝[編集]

篆刻は主に鄧派に学び、柔和で細密な朱文(陽刻)を得意としたが装飾的すぎるという批判もある。篆書隷書に優れた。日本から中国にわたった円山大迂秋山白巌が教えを受けている。画家の張熊・任薫・任頤・黄山寿・蒲華らの印を刻している。

著書[編集]

  • 『金罍山民印存』

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 沙孟海 『篆刻の歴史と発展』中野遵・北川博邦共訳 東京堂出版、昭和63年、ISBN 4490201443。
  • 銭君匋・葉潞淵『篆刻の歴史と鑑賞』高畑常信訳 秋山書店<秋山叢書>、昭和57年。