徐庸徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
徐 庸徳 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ソ・ヨンドク
ラテン文字 Seo Yong Duk
ハングル 서용덕
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1989-09-10) 1989年9月10日(29歳)
身長 176cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 大韓民国の旗 釜山アイパーク
ポジション MF
利き足 右足[1][2]
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2009-2010 日本の旗大宮アルディージャ 5 (00)
2010 日本の旗FC東京 0 (00)
2011-2014 日本の旗カターレ富山 118 (13)
2014-2015 大韓民国の旗蔚山現代FC 20 (01)
2016 大韓民国の旗FC安養 34 (03)
2017 大韓民国の旗牙山ムグンファFC(兵役) 17 (0)
2018- 大韓民国の旗釜山アイパーク 5 (0)
代表歴
2007-2009  韓国 U-20
2010  韓国 U-21 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月19日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

徐 庸徳(ソ・ヨンドク、ハングル:서용덕、1989年9月10日 - )は、大韓民国出身のプロサッカー選手Kリーグ蔚山現代FC所属。ポジションは主にミッドフィールダー(MF)。

来歴[編集]

小学校4年時にサッカーを始める[2]。彦南高校在学中には、2007年開催の大統領金杯で決勝点を挙げる活躍[3]延世大学校に進学し、2009年夏季ユニバーシアードベオグラード)のサッカー競技に出場。同年、U-20韓国代表としてFIFA U-20ワールドカップに出場し、ベスト8進出に貢献した[4]。高校及び大学の同期には崔正漢金民友がいる[5]

大学卒業を待たずにプロ入りすることを決心し[4] 2009年6月、Jリーグ大宮アルディージャプロC契約で加入[1]。しかし自らが「尊敬する」[6] とするチャン・ウェリョン監督が解任されたことなどから多くの出場機会は得られなかった。

2010年7月、FC東京期限付き移籍[7][8]8月4日スルガ銀行チャンピオンシップが移籍後の初出場となったが、以後は負傷もあって[9] なかなか出場機会を得られず、アジア競技大会に臨むU-21韓国代表からも外れた[4]。プロ入り後初の先発出場となった天皇杯4回戦ジェフ千葉戦では、大熊清監督から武器として認められていたドリブル[10] から2得点に絡む活躍を見せた[11]。同年限りで移籍期間満了となり退団[12]

2011年よりカターレ富山へ完全移籍[13][14]。中盤の軸の1人として出場を続け[15]、鋭いドリブルと正確なクロス、ミドルシュートを武器に[16] 攻撃に変化を生み出すエースとして成長[17][2]。2013年J2第37節熊本戦では、ゴールまで約40メートルの位置から無回転シュートを突き刺し[18]、J2月間ベストゴールに選定された。

2014年7月、退団したラフィーニャ兵役中の韓相云に代わるアタッカーを求めていた[19]蔚山現代FCへ完全移籍[20]

2016年、FC安養[注 1]へ移籍[22]。2017年、兵役中のプレーが認められている牙山ムグンファFCへ移籍。

人物[編集]

  • 訪日後に日本語を習得。日常会話やヒーローインタビューを通訳なしで問題なくこなしている。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2008 延世大 - - - 2 0 2 0
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2009 大宮 34 J1 4 0 - 0 0 4 0
2010 29 1 0 0 0 - 1 0
FC東京 30 0 0 0 0 1 0 1 0
2011 富山 14 J2 29 1 - 1 0 30 1
2012 11 38 5 - 0 0 38 5
2013 35 7 - 1 0 36 7
2014 16 0 - - 16 0
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2014 蔚山 5 Kクラシック 13 1 -
2015 14 7 0 -
2016 安養 8 Kチャレンジ 34 3 -
2017 牙山 88 -
通算 韓国 Kクラシック 20 1 -
韓国 Kチャレンジ 34 3 -
韓国 - - 2 0 2 0
日本 J1 5 0 0 0 1 0 6 0
日本 J2 118 13 - 2 0 120 13
総通算 177 17 0 0 5 0 182 17
出場歴
その他の国際公式戦

個人タイトル[編集]

  • J2 Exciting 22 (2012年[23]、2013年[24]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 蔚山尹晶煥監督と安養李永敏監督は、東亜大学校在学時の先輩後輩の仲。安養移籍の一因となった[21]。この年、安養は徐以外にも金民均安進範朴乘一を蔚山から獲得している。
出典
  1. ^ a b “ソ ヨンドク選手加入のお知らせ” (プレスリリース), 大宮アルディージャ, (2009年6月22日), http://www.ardija.co.jp/news/information/clubplayer/200906/post-85.html 
  2. ^ a b c 『Jリーグ選手名鑑 2014J1・J2・J3エルゴラッソ特別編集』三栄書房、2014年、216頁。
  3. ^ 언남고, 대통령금배 고교대회 우승”. 2014年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月16日閲覧。大韓サッカー協会 (2007年5月10日)(朝鮮語)
  4. ^ a b c 한국 유망주 대부분 C급 계약, 연봉은 최고 6200만원” (ハングル). joins (2010年10月2日). 2013年8月9日閲覧。
  5. ^ 同級生との対戦に燃えるソ・ヨンドク blogola (2010年4月24日)
  6. ^ 『2010Jリーグ選手名鑑』 週刊サッカーダイジェスト 
  7. ^ 徐庸徳選手FC東京へ期限付き移籍のお知らせ”. 2014年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月16日閲覧。大宮アルディージャ (2010年7月7日)
  8. ^ “ソ ヨンドク選手 期限付き移籍加入決定のお知らせ” (プレスリリース), FC東京, (2010年7月7日), http://www.fctokyo.co.jp/?p=145400 
  9. ^ ソ ヨンドク選手の検査結果について”. 2010年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月18日閲覧。 FC東京 (2010年8月24日)
  10. ^ 【第90回天皇杯4回戦 FC東京 vs 千葉】試合終了後の各選手コメント Jリーグ:J's GOALアーカイブ (2010年11月18日)
  11. ^ 初先発ヨンドク2発起点”. 東京中日スポーツ (2010年11月18日). 2013年8月9日閲覧。
  12. ^ “ソ ヨンドク選手 期限付き移籍期間満了のお知らせ” (プレスリリース), FC東京, (2011年1月13日), http://www.fctokyo.co.jp/?p=146338 
  13. ^ 徐庸徳選手、カターレ富山へ移籍のお知らせ”. 2014年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年3月16日閲覧。大宮アルディージャ (2011年1月13日)
  14. ^ “徐 庸徳(ソ ヨンドク)選手 大宮アルディージャより完全移籍加入のお知らせ” (プレスリリース), カターレ富山, (2011年1月13日), http://www.kataller.co.jp/news/2011/0113_3.html 
  15. ^ 2013シーズン戦力補強診断J2編 カターレ富山”. フットボールチャンネル (2013年3月1日). 2013年8月9日閲覧。
  16. ^ 【富山】ヨン様、残留! グンちゃん、ヤンと来季も“韓流トリオ””. 2013年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月4日閲覧。 スポーツ報知 (2013年12月18日)
  17. ^ 月刊J2マガジン 2014年2月号』ベースボール・マガジン社、2014年、39頁。
  18. ^ ソ・ヨンドク、月間ベストゴール受賞「もう1本決めたい」”. BLOGOLA. エル・ゴラッソ (2013年10月11日). 2014年3月17日閲覧。
  19. ^ 청소년 대표 출신 서용덕 영입(朝鮮語)蔚山現代FC (2014年6月30日)
  20. ^ ソ ヨンドク選手 蔚山現代FCへ完全移籍のお知らせ”. カターレ富山 (2014年6月30日). 2014年6月30日閲覧。
  21. ^ 20명 바뀐 FC안양, 대행 뗀 이영민 감독 "중원 지배 한다" スポーツ朝鮮 (2016年2月23日)(朝鮮語)
  22. ^ FC안양, U-20 국가대표 출신 서용덕 선수 영입 FC安養 (2016年1月7日)(朝鮮語)
  23. ^ J2 Exciting 22 決定! -12/3(月)Jリーグアウォーズで「J2 Most Exciting Player」を決定- 日本プロサッカーリーグ (2012年11月26日)
  24. ^ J2 Exciting 22 決定! -12/10(火)Jリーグアウォーズで「J2 Most Exciting Player」を決定 日本プロサッカーリーグ (2013年11月27日)

関連項目[編集]