徐根宝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
徐 根宝 Football pictogram.svg
名前
カタカナ スー・ゲンバオ
ラテン文字 Xu Genbao
中国語 徐根宝
基本情報
国籍 中華人民共和国の旗 中国
生年月日 (1944-01-26) 1944年1月26日(73歳)
出身地 上海
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1961-1965
1965-1975
南京部隊隊
八一足球隊
代表歴
1966-1975 中華人民共和国の旗 中国 ? (?)
監督歴
1978-1979
1980-1981
1982
1984-1986
1987-1990
1991
1992-1993
1994-1996
1997
1998-1999
2001
2002
2007-
山西省隊
火車頭
雲南省隊
北京体育学院
中国B代表
U-23中国代表
中国代表
上海申花
広州松日
大連万達
上海中遠
上海申花
上海東亜
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

徐 根宝(じょ こんぽう、スー・ゲンバオ、拼音: Xú Gēnbǎo1944年1月26日 - )は中国サッカー選手、サッカー指導者。

経歴[編集]

  • 1944年上海に生まれる。
  • 1965年~1975年中国代表選手として試合に出る。
  • 1975年から指導を行う。
  • 1984年~1986年に北京体育学院で教える。
  • 1990年~1992年にオリンピック中国代表チームの監督を務める。
  • 中国にプロサッカーリーグができた後、1993年~1996年に上海申花の監督を務める。
  • 1995年度の中国1部リーグ「甲A聯賽(甲Aリーグ)」で、上海申花を率いて、初制覇を達成する[1]
  • 1997年に広州松日を率いて、劇的な一部リーグへの昇格を果たし、名言「謝天、謝地、謝人」を残した[2]
  • 1998年に大連万達を中国王者に導いた[3]ほか、アジアクラブ選手権で準優勝を達成した。
  • 2000年に「根宝足球基地」を設立する[4]
  • 2000年から2001年にかけて、上海中遠足球倶楽部の監督を務める。
  • 2002年、再び上海申花の監督を務めるが成績不振で辞任。
  • 2002年から持ち金を投資し、借金を背負ってまで、中国の若手選手の育成に励む。
  • 2005年12月25日に「上海東亜足球倶楽部」を設立し、董事長、チェアマン、総監督を兼任する。
  • 2007年上海東亜を率いて、3部リーグで優勝し、2部リーグへの昇格を果たす。
  • 2008年上海東亜2部リーグ6位という結果を残す。
  • 2009年上海U-20代表を率いて、26年ぶりに全国運動会の優勝を達成する。
  • 2012年9月29日、上海東亜を率いて、68歳という高齢で念願の中国1部リーグ「中国スーパーリーグ」への昇格を果たす[5]

脚注[編集]

  1. ^ China League 1995 RSSSF.com
  2. ^ 史海钩沉:徐根宝“谢天谢地谢人”的台前幕后 转 ido.3mt.com.cn、2009年1月21日掲載、2012年10月19日閲覧。
  3. ^ China League 1998 RSSSF.com
  4. ^ 根宝足球基地介绍 上海東亜足球倶楽部公式サイト、2010年4月2日掲載、2012年10月19日閲覧。
  5. ^ 中甲图:上海东亚冲超成功 吕文君激动 sports.sohu.com、2012年9月29日掲載、2012年10月19日閲覧。