徐燦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
徐燦
基本情報
本名 徐燦
通称 Monster(モンスター、怪獣)
階級 フェザー級
身長 175cm
リーチ 175cm
国籍 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
誕生日 (1994-03-09) 1994年3月9日(25歳)
出身地 江西省撫州市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 18
勝ち 16
KO勝ち 2
敗け 2
テンプレートを表示

徐燦(シュ・ツァン、中国語: 徐灿英語: Xu Can1994年3月9日 - )は、中華人民共和国プロボクサー。現世界ボクシング協会 (WBA)世界フェザー級王者。江西省撫州市出身。オスカー・デ・ラ・ホーヤゴールデンボーイ・プロモーションズ所属[1]トレーナーはペドロ・ディアス[要出典]

来歴[編集]

2013年11月16日、劉剛(リュウ・ガン)率いるマックス・パワー・プロモーションズと契約を結びスーパーフェザー級4回戦でプロデビューすると、日本金沢市オーストラリアの2か所の敵地での遠征等を得て7戦目まで6回戦を主戦に経験を積み、2015年6月27日、WBAオセアニアスーパーライト級王座になり、初のタイトルを獲得[要出典]

2015年9月18日には階級を2階級落としてWBAオセアニアスーパーフェザー級王座を獲得[注釈 1]し、オセアニア王座の2階級制覇を達成すると、2016年2月12日、WBAインターナショナルスーパーフェザー級王座を獲得し2度戴冠[注釈 2]した[2]

2017年10月3日、元世界2階級制覇王者ネオマール・セルメニョとWBAインターナショナルフェザー級王座決定戦を行い、7回終了時にセルメニョが棄権したため、徐がプロ初のKO勝利となりWBAインターナショナル王座の2階級制覇を達成し2018年9月13日、ラスベガスザ・ジョイントにてゴールデンボーイ・プロモーションズと契約して(劉剛と共同プロモート)の初戦としてエンリケ・ベルナチェと対戦し、8回2-1(77-75、75-77、78-74)の判定勝ちを収めた[2]

2019年1月26日、ヒューストントヨタ・センターにてWBA世界フェザー級王者ヘスス・マヌエル・ロハスと対戦し、12回3-0(116-112、117-111、118-110)の判定勝ちを収め王座を獲得した[3]

2019年5月26日、撫州市の撫州スポーツ・センターにて元WBA世界スーパーバンタム級王者でWBA世界フェザー級10位の久保隼と対戦し、6回1分16秒TKO勝ちを収め初防衛に成功した[4][5]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 後に2度防衛を達成。
  2. ^ 1期目が2度、2期目が1度防衛。
脚注
  1. ^ Can Xu Tipped For Big Things in The Future By Golden Boy's Diaz”. Boxing Scene.com (2019年5月29日). 2019年6月20日閲覧。
  2. ^ a b Pablo Cesar Cano Gains Technical Decision Over Ruslan Madiev”. Boxing Scene.com (2018年9月13日). 2019年6月20日閲覧。
  3. ^ Xu Can Stuns Jesus Rojas, Wins Decision To Capture WBA Belt”. Boxing Scene.com (2018年1月26日). 2019年6月20日閲覧。
  4. ^ Can Xu Drops, Stops Shun Kubo In Six To Retain WBA Title”. Boxing Scene.com (2019年5月26日). 2019年6月20日閲覧。
  5. ^ 久保隼は6回TKO負け WBAフェザー級獲得ならず Boxing News(ボクシングニュース)2019年5月26日

関連項目[編集]

前王者
ヘスス・マヌエル・ロハス
WBA世界フェザー級王者

2019年1月26日 - 現在

次王者
N/A