徐禎卿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
徐禎卿像

徐禎卿(じょ ていけい、1479年-1511年)は、中国明代文学家昌谷、または昌国常熟梅李鎮の人で、後に呉県(現江蘇省蘇州市)に移った。『明史列傳第一百七十四・文苑二に伝が立てられている。

略歴[編集]

若い頃は貧しく、独学した。唐寅と交友を持ち、唐寅が沈周や楊循吉に紹介したことから名を知られた。1505年進士になり、大理左寺副となった。李夢陽中国語版何景明中国語版と交友を持った。

唐寅祝允明文徴明と合わせて「江南四大才子」(または呉中四大才子)と呼ばれる[1]。また、劉麟、顧璘と合わせて「江東三才子」と呼ばれる[2]。文学流派としては李夢陽、何景明、康海中国語版王九思中国語版邊貢中国語版王廷相中国語版と共に「前七子」と呼ばれた。徐禎卿は文章は、古詩は、近体宗法は盛唐に学ぶよう主張した。

1511年数えわずか33歳で没。

著書[編集]

著書は『迪功集[3]、『迪功外集』、文学の批評書『談芸録』など。他に『異林』[4]

清の『四庫全書総目提要』によると、「朱元璋の伝記『翦勝野聞』は徐禎卿の著とも伝わっているが、明史の徐禎卿伝にも文芸志にもその旨の記載が無い」と解説されている[5]

脚注[編集]

  1. ^ 明史・徐禎卿伝
  2. ^ 明史 列伝八十二
  3. ^ 明史 藝文四
  4. ^ 明史 藝文三
  5. ^ 四庫提要 子部五十三 小説家類存目一 翦勝野聞 一卷