徐鐘チョル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「徐鐘喆」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
徐 鐘喆
서종철
生誕 1924年5月26日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮慶尚南道梁山
死没 (2010-11-20) 2010年11月20日(86歳没)
大韓民国の旗 大韓民国ソウル特別市
所属組織

大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍

Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
最終階級 少尉(日本陸軍)
大将(韓国陸軍)
除隊後 大統領特別補佐官
墓所 国立大田顕忠院将軍第2墓域145号
テンプレートを表示

徐 鐘喆(ソ・ジョンチョル、서종철)は、日本、大韓民国の陸軍軍人

人物[編集]

1924年5月、慶尚南道梁山に生まれる。本貫達城徐氏。宮崎商業高校を卒業。学徒出陣して日本軍少尉。1946年6月、警備士官学校第1期卒業、任少尉(軍番10129番)[1]。 1950年6月10日、第8連隊長、大領[2]漢江の戦いに参加。同年、第5師団第36連隊長[3]。1951年、第5師団副師団長。1951年11月28日、憲兵副司令官[4]。1952年、任准将、第2軍団参謀長。1953年、第22師団長。

1954年、陸軍歩兵学校校長[3]。1955年2月22日、第31師団長(初代)[5]。1957年、第25師団長[3]。1959年6月、第1軍参謀長[6]。1960年、第6管区司令官[3]。1961年、陸軍本部情報参謀副長、任少将。1962年、陸軍本部人事参謀副長。1963年、第3軍団長、任中将。1965年、陸軍本部情報参謀副長、合同参謀本部長。1966年、第1軍司令官[3]。1969年、任大将、参謀次長。9月、参謀総長。

1972年、予備役編入、大統領特別補佐官。1973年12月、国防部長官。1983年、韓国反共連盟理事長。

勲章[編集]

出典[編集]

  1. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、97頁。
  2. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、197頁。
  3. ^ a b c d e “서종철 육군참모총장” (朝鮮語). 中央日報. (1969年8月16日). https://news.joins.com/article/1206901 2019年10月28日閲覧。 
  4. ^ “憲兵(헌병) 副司令官(부사령관)에 徐鍾喆(서종철) 大領(대령) 就任(취임)” (朝鮮語). 부산일보. (1953年12月1日). http://www.busan.com/view/busan/view.php?code=19511201000024 2019年10月28日閲覧。 
  5. ^ “師團長에 尹少將, 徐准將 任命” (朝鮮語). 부산일보. (1955年2月24日). http://www.busan.com/view/busan/view.php?code=19550224000002 2019年10月28日閲覧。 
  6. ^ “將星級 15名 異動” (朝鮮語). 부산일보. (1959年6月2日). http://www.busan.com/view/busan/view.php?code=19590602000006 2019年10月28日閲覧。 
  7. ^ Seo Jung Chul”. Military Times. 2015年11月25日閲覧。
  8. ^ Seo Jung Chui”. Military Times. 2015年11月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国篇 上巻 建軍と戦争の勃発前まで』 原書房、1976年。 
  • 徐鐘喆”. 国立大田顕忠院. 2015年11月25日閲覧。
軍職
先代:
金桂元
大韓民国の旗 大韓民国陸軍第1軍司令官
第10代:1966年 - 1969年
次代:
韓信
先代:
金桂元
大韓民国の旗 大韓民国陸軍参謀総長
第19代:1969年9月1日 - 1972年6月1日
次代:
盧載鉉
公職
先代:
劉載興
大韓民国の旗 大韓民国国防部長官
第20代:1973年12月3日 - 1977年12月20日
次代:
盧載鉉