徒単皇后 (金海陵王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

徒単皇后(とぜんこうごう、1120年 - 1170年)は、の廃帝海陵王の皇后。

生涯[編集]

徒単斜也の娘。徒単氏は女真貴族の家系で、海陵王の嫡母(永寿宮皇太后)の他、のちに廃帝衛紹王哀宗の皇后も出している。

諸侯王時代の迪古乃(のちの海陵王)の王妃となり、海陵王が即位すると、まず恵妃に封ぜられた。天徳2年(1150年)3月27日、次男の光英(のちの皇太子)を産んだ。同年9月、皇后に立てられた。寵愛は受けなかったが、太子の母として重んじられた。

海陵王が南宋に親征すると、太子の光英とともに留守を守った。世宗が即位して海陵王と太子光英が殺されると、徒単氏は王妃に降格され[1]中都にうつって海陵王の生母大氏の旧宅に住んだ。その後、世宗は徒単氏をあわれんで上京の実家に帰し、歳幣(年金)2000を与えて養わせた。

子女[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 夫が海陵郡王に落とされたことにともなう。迪古乃が「海陵王」と後世に呼ばれるのはこの時の王位による。

伝記資料[編集]