御園生崇男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
御園生 崇男
Takao Misonoo 1937.jpg
1937年当時
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 山口県防府市
生年月日 1916年1月16日
没年月日 (1965-07-10) 1965年7月10日(49歳没)
身長
体重
170 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手一塁手外野手
プロ入り 1936年
初出場 1936年4月29日
最終出場 1951年9月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

御園生 崇男(みそのお たかお、1916年1月16日 - 1965年7月10日)は、山口県防府市出身のプロ野球選手投手)・指導者・監督昭和初期から中期(1930年代後半-1950年代前半)にかけて活躍した。右投げ右打ち。

来歴・人物[編集]

山口中学時代の1933年選抜中等学校野球大会に出場。その後は関西大学に進学。同野球部では名投手として名を馳せたが、1936年2月1日、わずか1年で中退し、設立したばかりの大阪タイガースに入団した。

同年からタイガースの主戦投手として活躍し、5月27日の対阪急戦で初勝利を飾ると、1937年秋のシーズンには15試合に登板、11勝無敗で勝率1.000(景浦將間柴茂有田中将大と並んで日本記録)の大活躍でタイガースの初優勝に大きく貢献する。1938年春のシーズンも勝ち続け、1937年春から3シーズンをまたいだ連勝記録は18まで伸びる。その後、阪急に1敗するものの、またも4連勝。御園生が2シーズン連続して最高勝率のタイトルを獲得するとともに、タイガースはこのシーズンも優勝し、連覇を達成する。この優勝した2シーズンの成績を合わせると、21勝1敗であった。同年秋のシーズンには開幕投手に任命される。その後、1940年には応召し入営、チームから離れるが、翌1941年には復帰。1942年から3年連続して職業野球東西対抗戦に出場。1944年9月26日戦争第二次世界大戦)が激しさを増したことからシーズンは打ち切りとなる。

戦後、復活した日本プロ野球に復帰した御園生は1946年のシーズンから三度目となるタイガースのユニフォームを着る。1947年には7月17日に史上4人目の100勝を達成し、13連勝を含む18勝6敗で3度目の最高勝率のタイトルを獲得、4度目となる東西対抗戦出場と活躍した。その後、1951年に引退。引退後は1952年から1958年まで一軍投手コーチ・二軍監督を歴任し、渡辺省三小山正明西村一孔を育てた。1954年松木謙治郎監督が退任したときには、次期監督候補として名前が挙がったこともあった[1]。退団後は、ラジオ関西解説者として活動するも、1965年7月10日死去。享年49。

投手であったが俊足を生かした打者としても活躍。規定打席に到達したことはないものの、登板時以外は一塁手外野手としても活躍、506本の安打と6つのホームスチールを含む87盗塁を記録している。また、1950年内野手として登録されており、1943年と1944年の東西対抗戦は野手としての出場であった。

ピッチングに関しては諸説があり、快速球がうなりをあげて内角に食い込み、「温厚な御園生だが、ピッチングはとてつもなく野蛮」と恐れられたという記述[2]もあれば、剛球投手ではなかったが、制球がよく、粘り強く投げていたという資料もある。変化球はシュートを得意にしていたという。

松木謙治郎(1937年撮影)

ピッチングは野蛮と言われた一方、当時は巨人ナインが「あいつらは何をしでかすかわからん」と恐れたほど野性的な選手が多かったタイガースの中で、「銀行員」と呼ばれるほど落ち着いており、丸いロイド眼鏡をかけて大学教授のような風貌の御園生は「異色の選手」であった。それだけに、名前も相まって「先祖はお公家様らしい」という噂も流れた。性格は非常に温厚で愛妻家。後輩の村山実は「先輩が怒鳴っているのを聞いた事がない」と語ったというほどの人格者だった。また、当時としては珍しいゴルフをたしなみ、麻雀を打つというモダンボーイだった。

ロイド眼鏡がトレードマークだが、草創期からのタイガースの同僚であった松木謙治郎もロイド眼鏡をかけており、2002年発行のムック本[2]では、御園生を紹介する記事で松木の写真(画像参照)が間違えて掲載された。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1936春夏 大阪
阪神
4 3 1 0 0 1 1 -- -- .500 60 15.0 14 0 5 -- 0 6 1 0 10 6 3.60 1.27
1936 13 4 3 1 0 6 1 -- -- .857 260 64.2 43 0 23 -- 2 25 0 0 16 14 1.94 1.02
1937 18 15 7 1 0 8 3 -- -- .727 456 113.1 95 1 30 -- 0 33 1 0 33 22 1.74 1.10
1937 15 14 5 0 0 11 0 -- -- 1.000 427 101.0 88 2 31 -- 4 37 0 0 32 26 2.32 1.18
1938 16 9 5 0 0 10 1 -- -- .909 361 87.2 68 2 30 -- 1 32 0 0 29 17 1.74 1.12
1938 19 15 11 2 0 11 5 -- -- .688 553 134.1 110 5 47 -- 2 59 3 1 39 33 2.20 1.17
1939 21 15 15 1 1 14 3 -- -- .824[3] 616 160.1 112 3 41 -- 1 66 0 0 40 35 1.96 0.95
1941 4 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 34 7.0 10 0 5 -- 0 2 0 0 4 1 1.29 2.14
1942 43 33 15 4 1 13 16 -- -- .448 1147 268.0 225 2 121 -- 3 74 2 0 75 50 1.68 1.29
1943 9 7 5 0 0 2 6 -- -- .250 229 52.2 43 1 32 -- 0 20 0 0 21 15 2.55 1.42
1944 3 3 2 1 0 2 1 -- -- .667 97 24.0 15 0 12 -- 0 2 0 0 5 4 1.50 1.13
1946 27 18 12 3 1 11 9 -- -- .550 771 180.1 179 6 52 -- 7 35 1 0 74 57 2.83 1.28
1947 30 25 13 4 7 18 6 -- -- .750 726 185.0 158 9 28 -- 0 30 2 0 50 41 1.99 1.01
1948 27 19 9 0 0 11 9 -- -- .550 690 168.0 177 11 19 -- 0 31 0 0 65 49 2.63 1.17
1949 11 5 1 0 1 2 2 -- -- .500 197 46.2 52 5 3 -- 1 13 1 1 20 19 3.64 1.18
1950 22 9 4 0 0 7 5 -- -- .583 410 92.2 119 18 21 -- 2 11 0 0 66 59 5.71 1.51
1951 3 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 40 7.1 12 1 1 -- 0 1 0 0 12 6 6.75 1.77
通算:14年 285 196 108 17 11 127 70 -- -- .645 7074 1708.0 1520 66 501 -- 23 477 11 2 591 454 2.39 1.18
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はNPBにおける歴代最高
  • 大阪(大阪タイガース)は、1940年途中に阪神(阪神軍)に球団名を変更

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936春夏 大阪
阪神
11 34 25 5 6 1 0 0 7 0 0 -- 1 -- 8 -- 0 1 -- .240 .424 .280 .704
1936 21 49 44 6 11 2 0 0 13 5 1 -- 0 -- 5 -- 0 6 -- .250 .327 .295 .622
1937 36 105 80 10 17 2 1 0 21 9 3 -- 3 -- 22 -- 0 8 -- .213 .382 .263 .645
1937 24 85 69 9 18 2 0 0 20 12 0 -- 2 -- 14 -- 0 3 -- .261 .386 .290 .675
1938 18 60 53 9 10 2 0 1 15 8 1 -- 1 -- 6 -- 0 4 -- .189 .271 .283 .554
1938 30 99 80 8 23 5 1 0 30 13 3 -- 2 -- 16 -- 1 3 -- .288 .412 .375 .787
1939 41 135 118 12 26 0 1 0 28 13 4 -- 0 2 15 -- 0 11 -- .220 .308 .237 .546
1941 39 146 134 5 31 6 1 0 39 7 0 -- 1 -- 11 -- 0 6 -- .231 .290 .291 .581
1942 95 321 282 29 68 3 4 0 79 26 24 1 9 -- 30 -- 0 19 -- .241 .314 .280 .594
1943 61 178 157 14 32 3 1 0 37 10 7 7 4 -- 17 -- 0 8 -- .204 .282 .236 .517
1944 26 117 94 15 28 4 1 0 34 14 18 1 4 -- 18 -- 1 9 -- .298 .416 .362 .778
1946 85 327 279 39 81 8 4 2 103 40 9 6 4 -- 42 -- 2 15 -- .290 .387 .369 .756
1947 54 115 97 14 23 8 0 2 37 16 3 3 3 -- 15 -- 0 9 -- .237 .339 .381 .721
1948 94 258 241 18 64 9 3 0 79 27 12 3 3 -- 14 -- 0 15 -- .266 .306 .328 .634
1949 54 74 67 2 16 3 0 0 19 16 0 2 1 -- 6 -- 0 7 -- .239 .301 .284 .585
1950 70 122 166 6 22 4 1 0 28 22 2 0 0 -- 6 -- 0 12 4 .133 .163 .169 .331
1951 72 140 126 8 30 5 0 0 35 9 0 2 1 -- 13 -- 0 11 9 .238 .309 .278 .587
通算:14年 831 2365 2062 209 506 67 18 5 624 247 87 25 39 2 258 -- 4 147 13 .245 .330 .303 .633
  • 大阪(大阪タイガース)は、1940年途中に阪神(阪神軍)に球団名を変更
1956年

タイトル[編集]

  • 最高勝率:3回 (1937年秋、1938年春、1947年)

記録[編集]

  • 職業野球東西対抗戦選出:4回 (1942年、1943年、1944年、1947年)
  • シーズン最高勝率 1.000 (1937年秋)
  • 連続勝利(連続シーズン) 18(期間不明)

背番号[編集]

  • 15 (1936年 - 1939年、1941年 - 1943年、1946年 - 1949年)
  • 11 (1950年)
  • 15 (1951年 - 1958年)

※1940年は選手登録なし、1944年は背番号廃止、1945年はシーズン中止。

脚注[編集]

  1. ^ 『阪神タイガース 昭和のあゆみ』阪神タイガース、1991年、P239
  2. ^ a b 「猛虎大鑑」2002年、ベースボール・マガジン社発行。書籍コード:ISBN 4583611862
  3. ^ 勝率1位は御園生の.824(14勝3敗)だったが、最高勝率のタイトルは.800(28勝7敗)の若林忠志が獲得。

関連項目[編集]