御在所ロープウエイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
御在所ロープウエイ株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
510-1233
三重県三重郡菰野町大字菰野8625番地
設立 1957年5月27日
業種 陸運業
法人番号 6190001017382
代表者 代表取締役社長 辻智幸
資本金 1億5000万円
従業員数 45名
主要株主 三重交通グループホールディングス 100%
外部リンク http://www.gozaisho.co.jp/
テンプレートを表示
御在所ロープウエイの赤いゴンドラと
湯の山温泉
御在所ロープウエイのシンボルの白い鉄塔

御在所ロープウエイ(ございしょロープウエイ)とは、三重県三重郡菰野町にある湯の山温泉から鈴鹿山脈の主峰である御在所岳山頂(標高1,212m)を結ぶロープウェイ

概要[編集]

三重交通子会社の御在所ロープウエイ株式会社が運営しており、ロープウェイ湯の山温泉駅と山上公園駅間約2.1kmを結ぶ。両駅の標高差は約780m。運行システムはゴンドラ38台(最大)を使用する複線自動循環式である。1959年昭和34年)4月29日に開業した。

空中散歩の途中には湯の山温泉街や菰野四日市市街地、伊勢平野伊勢湾などが望める。また御在所岳の美しい自然は、四季折々に姿を変え、春はアカヤシオやシロヤシオなどが咲き、夏は納涼を求めてアカトンボが飛び交い、秋は山を彩る美しい紅葉、冬には白銀の世界と樹氷など見事な景観を見せる。御在所岳の頂上へ行くには、ここからさらにリフトで8分ほど上るか、徒歩で登山をする。冬期は、山頂部の御在所スキー場の営業が行われている。

2018年開湯1300周年記念として、新ゴンドラを導入し、湯の山温泉駅の入り口を改修。更に山上公園駅のレストランを新築し新たな観光客の誘致を図っている。

アクセス[編集]

近鉄四日市駅から近鉄湯の山線の終点湯の山温泉駅下車。駅前から三重交通バスに乗車、湯の山温泉・御在所ロープウエイ前停留所下車。

かつては三交湯の山温泉停留所から徒歩10分かかっていたが、2018年8月に「湯の山かもしか大橋」が開通、ロープウエイ駅前の駐車場へバスが乗り入れできるようになった。

なお、名古屋駅名鉄バスセンター)から同じく三重交通による直通高速バスも運行されている。

マイカーの場合は、東名阪自動車道四日市インターチェンジから国道477号・県道577号経由。駐車場も完備している。滋賀県側から国道477号(鈴鹿スカイライン)の武平峠経由のルートもある。

かつての系列[編集]

新湯の山観光ホテルが2000年(平成12年)11月まで、ロープウェイ湯の山温泉駅の麓のほうで営業していたが、閉鎖され建物も解体された。

関連画像[編集]

関連項目[編集]