御堂駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
御堂駅
Mido stn.jpg
駅舎

御堂駅の位置(岩手県内)
御堂駅
御堂駅
御堂駅位置図(岩手県)
みどう
Midō
(7.1km) 奥中山高原
所在地 岩手県岩手郡岩手町大字五日市4-33
所属事業者 IGRいわて銀河鉄道
所属路線 いわて銀河鉄道線
キロ程 37.3km(盛岡起点)
東京から572.6km
電報略号 トウ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
48人/日
-2018年-
開業年月日 1961年昭和36年)4月15日
備考 簡易委託駅
テンプレートを表示

御堂駅(みどうえき)は、岩手県岩手郡岩手町大字五日市にある、IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。

盛岡駅管理の簡易委託駅。駅舎には出札窓口(営業時間:7:00 - 10:30[1])があり、東日本旅客鉄道(JR東日本)時代からの受託者が硬券入場券乗車券を発売している。当駅は、他の駅でJRからの移管時に行われた出札・改札口改造工事を行わなかったため、IGR線内の駅で唯一日本国有鉄道(国鉄) - JR時代の面影のある出札口が残っている。

改札業務は行わない。窓口営業時間帯でもワンマン列車は「先頭車の後乗り前降り」となっている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 いわて銀河鉄道線 上り いわて沼宮内盛岡方面
2 下り 二戸八戸方面

利用状況[編集]

IGRいわて銀河鉄道によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗降人員は48人である[IGR 1]

近年の推移は以下のとおりである。なお、2000年度(平成12年度)- 2002年度(平成14年度)において、JR東日本が算出した数値は乗車人員のものである。

乗車人員乗降人員推移
年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
出典
2000年(平成12年) 31 [JR 1]
2001年(平成13年) 32 [JR 2]
2002年(平成14年) (JR) 48 [JR 3]
2002年(平成14年) (IGR) 71 [IGR 2]
2003年(平成15年) 68 [IGR 3]
2004年(平成16年) 60 [IGR 4]
2005年(平成17年) 47 [IGR 5]
2006年(平成18年) 47 [IGR 6]
2007年(平成19年) 49 [IGR 7]
2008年(平成20年) 61 [IGR 8]
2009年(平成21年) 50 [IGR 9]
2010年(平成22年) 45 [IGR 10]
2011年(平成23年) 48 [IGR 11]
2012年(平成24年) 48 [IGR 12]
2013年(平成25年) 47 [IGR 13]
2014年(平成26年) 42 [IGR 14]
2015年(平成27年) 52 [IGR 15]
2016年(平成28年) 50 [IGR 16]
2017年(平成29年) 52 [IGR 17]
2018年(平成30年) 48 [IGR 1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

  • 「尾呂部」停留所(岩手県北自動車、徒歩1分)
    • いわて沼宮内駅・吉ヶ沢方面(休日運休)

隣の駅[編集]

IGRいわて銀河鉄道
いわて銀河鉄道線
いわて沼宮内駅 - 御堂駅 - 奥中山高原駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 駅窓口営業時間 - IGRいわて銀河鉄道

利用状況[編集]

JR東日本[編集]

  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月3日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月3日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月3日閲覧。

IGRいわて銀河鉄道[編集]

  1. ^ a b 平成30年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月20日閲覧。
  2. ^ 平成14年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  3. ^ 平成15年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  4. ^ 平成16年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  5. ^ 平成17年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  6. ^ 平成18年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  7. ^ 平成19年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  8. ^ 平成20年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  9. ^ 平成21年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  10. ^ 平成22年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  11. ^ 平成23年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  12. ^ 平成24年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  13. ^ 平成25年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  14. ^ 平成26年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  15. ^ 平成27年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  16. ^ 平成28年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  17. ^ 平成29年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。

関連項目[編集]