御家門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

御家門(ごかもん)は、名家の一族を指す。単に家門ともいう。

概要[編集]

江戸時代においては、親藩の中で、特に徳川将軍家の一族および徳川家康の兄弟の家系の大名家、旗本家を指して言う。御家門は家康の元の姓である松平姓を名乗ることを許された。

御家門筆頭の越前松平家をはじめとして、御家門の多くは幕府の役職に就くことはなく[1]、将軍家の一門としての格式を重んじられた。

なお、文部科学省検定済みの歴史教科書には、越前家と会津家のみが、御家門として掲載されている。

また、加賀藩前田家福岡藩黒田家鳥取藩池田家岡山藩池田家など将軍家との姻戚関係の強い大名家は御家門に準ずる扱いを受け、偏諱、松平姓、替紋葵の紋などを下賜された。

ただし、徳川姓を名乗った御三家駿河徳川家御両典御三卿は御家門とは別格の扱いであった。

注釈[編集]

  1. ^ 江戸時代初期や幕末、一時期の越智松平家は例外

関連項目[編集]