御幸本町通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 中区 > 御幸本町通
御幸本町通
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
行政区 Emblem of Naka, Nagoya, Aichi.svg 中区
町名制定 1929年昭和4年)6月1日[1]
町名廃止 1966年(昭和41年)3月30日[1]
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
市外局番 052[2]
ナンバープレート 名古屋[3]

御幸本町通(みゆきほんまちどおり)は、愛知県名古屋市中区の地名。

歴史[編集]

町名の由来[編集]

大正天皇の名古屋行幸の際に、同地を通ったことを記念した命名であるという[4]

沿革[編集]

  • 1929年昭和4年)6月1日 - 本町および玉屋町により、御幸本町通1~9丁目として成立[1]
  • 1944年(昭和19年)2月11日 - 栄区成立に伴い、同区御幸本町通となる[1]
  • 1945年(昭和20年)11月3日 - 栄区廃止に伴い、中区御幸本町通となる[1]
  • 1966年(昭和41年)3月30日 - 住居表示実施に伴い、1~4丁目が丸の内二丁目および丸の内三丁目、4〜8丁目が二丁目および錦三丁目、9丁目が二丁目・同三丁目および錦二丁目にそれぞれ編入され消滅[1]

経済[編集]

産業[編集]

かつて存在した企業

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 福岡清彦 1976, p. 26.
  2. ^ 総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課番号企画室 (2014年4月3日). “市外局番の一覧 (PDF)” (日本語). 総務省. p. 7. 2015年5月23日閲覧。
  3. ^ 管轄区域” (日本語). 国土交通省中部運輸局愛知運輸支局. 2015年5月23日閲覧。
  4. ^ 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 1989, p. 1307.

参考文献[編集]

  • 福岡清彦『中区の町名』名古屋市中区役所、1976年(日本語)。
  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年3月8日(日本語)。ISBN 4-04-001230-5。
  • 名古屋市計画局『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年3月31日(日本語)。

関連項目[編集]