御幸沙智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

御幸 沙智子(みゆき さちこ)とは元宝塚歌劇団花組組長大阪府大阪市出身。金蘭会高等女学校出身。芸名は父が命名。宝塚時代の愛称はサチ坊、キクイちゃん。

来歴[編集]

1948年宝塚音楽学校に入学。翌1949年、宝塚歌劇団に36期生として入団し、『黄金の林檎[1]』/『南の哀愁』で初舞台を踏む。宝塚入団時の成績は63人中16位[1]。娘役として活動。

1975年5月19日[2]から1976年の退団まで歌川波瑠美と花組副組長を務める。

1976年3月30日[1]で宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目は『あかねさす紫の花[1]』。

人物[編集]

宝塚時代の配属組[1]、花の順である。

出演舞台[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』(阪急コミュニケーションズ2014年4月1日)P.45-46。ISBN 9784484146010
  2. ^ 橋本雅夫『宝塚歌劇の70年別冊・年譜 最近の10年』(宝塚歌劇団、1984年)P.38

関連項目[編集]