御影山手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 兵庫県 > 神戸市 > 東灘区 > 御影山手

御影山手(みかげやまて)は、兵庫県神戸市東灘区町名の一つで、旧御影町域(御影地区)の阪急神戸線以北に当たる。1丁目から6丁目までが存在する。平成17年国勢調査(2005年10月1日現在)における世帯数は2,368、人口6,261で内男性2,892人・女性3,369人[1]。郵便番号:658-0065。

最寄り駅は御影2丁目内の隣接地にある阪急電鉄 御影駅である。

歴史[編集]

現在の御影北小学校周辺は室町時代に平野忠勝(赤松則村の部下といわれる)の居城平野城があった場所である。この城は城郭を持たずに、自然地形の高台を利用したという。

深田池公園(Fukadaike Park)

この地区内にある深田池は農村だった頃の溜池で、現在は公園となっている。

天神山団地は面積35ha、計画人口6800人で、昭和36~46年にかけて民間の業者が開発した。区内では、面積において渦森台に次ぎ、計画人口では最大の団地である。

この町名は昭和51年(1976年)に御影町御影・郡家・西平野、住吉町九重坂・鍋島、灘区土山町の各一部が合併して住居表示を実施して誕生した。北東は旧・住吉村域の鴨子ヶ原、東は同じく旧・住吉村域の住吉山手、南は弓場線より東が御影郡家、西が御影、西は石屋川を挟んで灘区、旧・高羽村域の高羽町、北は同じく旧・高羽村域の土山町に隣接する。

施設[編集]

参考文献[編集]

  • 『新 神戸の町名』神戸史学会、神戸新聞総合出版センター、1996年。ISBN 978-4875212041。