御影用水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
温水路(軽井沢町)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(1975年撮影)

御影用水(みかげようすい)は1650年(慶安3年)に柏木小右衛門により開発された用水路。その水源は、長野県北佐久郡軽井沢町浅間山麓の千ヶ滝湯川である。水源での用水水温は平均13.2℃であるため稲作に適さず、水温を上昇させるための約900mの「温水路」(1970年県による事業完了)を通り1〜3℃程度の水温上昇を経て、下流域で稲作などに利用されている[1]

なお、御影用水は、先に完成していた篠澤用水の真下を通過させている部分があるが、江戸時代には御影用水が真上を通っていた時期もあった[2]

御影用水の完成により、その流域では米が増収となり、一帯は小諸藩から分けられて、1699年(元禄12年)には幕府直轄の天領となり、代官が駐在する御影陣屋が設置された。この陣屋跡は長野県史跡に指定されている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 村上成一, 栗田亘、「温水路の水温調査について 長野県千ヶ滝地区」 『農業土木学会誌』 1969年 37巻 7号 p.477-480, doi:10.11408/jjsidre1965.37.7_477
  2. ^ 『MYTAWN長野(2)』2011年9月27日「佐久篠沢用水見直そう来月16日見学会」[要検証]
  3. ^ 『佐久地方に流れる用水』甘木書房2010年4月20日42P[要検証]

関連項目[編集]