御後絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
琉球第18代尚育王の御後絵のモノクロ写真。鎌倉芳太郎撮影。

御後絵(おごえ、沖縄語:うぐい)は、琉球国王肖像画。いつごろに起源があるか不明だが、15-19世紀のころに琉球独特の様式をつくりあげた[1]

死後に描かれ、円覚寺那覇市)に納められた。絵は彩色で、形式は定型化しており、国王を中心に重臣・従者が配置される。国王の姿はひときわ大きく描かれ、その権威と偉大さを強調して表現されている。実物の他に、「お扣え(おひかえ)」と呼ばれる写しが多く作成された。

しかし1945年沖縄戦により円覚寺もろ共焼失したため、戦前に鎌倉芳太郎が撮影した「お扣え」のモノクロ写真が10点現存するのみである。これらは首里城公園南殿に展示されている。

現在では残された写真及び中国側の資料などを元に復元が試みられている。まず1996年に佐藤文彦がアクリル絵の具などを用いた10点の復元を発表した。そして、2012年に第18代尚育王の御後絵が東京芸術大学により復元された[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『沖縄コンパクト事典』琉球新報社編、2003年
  • 佐藤文彦『遙かなる御後絵 甦る琉球絵画』作品社、2003年 ISBN 4878934972