御所山古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
御所山古墳
所在地 福岡県京都郡苅田町大字与原
位置 北緯33度45分30.64秒
東経130度58分50.68秒
座標: 北緯33度45分30.64秒 東経130度58分50.68秒
形状 前方後円墳
規模 墳丘長119m
埋葬施設 横穴式石室
出土品 銅鏡勾玉管玉・ガラス玉・金銅製雲珠・埴輪など
築造時期 5世紀後半
史跡 国の史跡「御所山古墳」
特記事項 豊前地方最大級の規模
地図
御所山古墳の位置(福岡県内)
御所山古墳
御所山古墳
テンプレートを表示

御所山古墳(ごしょやまこふん)は、福岡県京都郡苅田町大字与原にある古墳。形状は前方後円墳。国の史跡に指定されている。

豊前地方(福岡県東部・大分県北部地域)では石塚山古墳(苅田町富久町)と並び最大級の規模の古墳で、5世紀後半(古墳時代中期後半)の築造と推定される。

概要[編集]

福岡県東部、周防灘を望む低丘陵上に築造された大型前方後円墳である[1]2007年度(平成19年度)から2015年度(平成27年度)にかけて発掘調査が実施されている[2]

墳形は前方後円形で、前方部を北方に向ける[1]。墳丘長は119メートルを測るが、これは石塚山古墳(苅田町富久町、推定墳丘長約130メートル)と並び豊前地方では最大級の規模になる。墳丘は3段築成[3]。くびれ部の両側には造出が設けられている[3]。また墳丘表面では埴輪葺石が検出されているほか[3]、墳丘周囲には幅約5メートルの周濠が巡らされている[3][4]。この周濠は現在も水をたたえ、周濠および周堤を含めた全長は140メートルにもなる[3]。主体部の埋葬施設は大型で古式の横穴式石室で、複数人が埋葬された[3][1]。石室からは、銅鏡(四禽四乳鏡)のほか、東アジアでの交流を物語る馬具などの副葬品が検出されている[4]

この御所山古墳は、石室・出土品等から5世紀後半(古墳時代中期後半)の築造と推定される[3]。苅田町域では、大型古墳として前述の石塚山古墳の築造も見られており、一帯に有力豪族が成長した様子が指摘される[2]

古墳域は1936年昭和11年)に国の史跡に指定されている[5]

来歴[編集]

規模[編集]

古墳の規模は次の通り[3]

  • 古墳総長:約140メートル - 周堤・周濠を含めた全長。
  • 墳丘長:約119メートル
  • 後円部 - 3段築成。
    • 直径:約73メートル
  • 前方部 - 3段築成。
    • 幅:約82メートル
  • 造出

埋葬施設[編集]

埋葬施設としては、横穴式石室が使用されている[3]。この石室は後円部に位置し、玄室が長さ4.7メートル・幅3メートルを測る大型なものになる[3]。床面は正方形で、石障によって屍床が分けられており、被葬者は複数人であった[3]。また、石室壁面には赤色顔料が塗られていた[3]。この石室には狭い羨道が接続し、後円部から前方部側へ開口する[3]

この石室からは、銅鏡(四禽四乳鏡)、勾玉管玉、ガラス玉、金銅製雲珠などの副葬品が出土している(現在は宮内庁保管)[3][4]

文化財[編集]

国の史跡[編集]

  • 御所山古墳 - 昭和11年9月3日に指定[5]、平成24年9月19日に史跡範囲の追加指定[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 御所山古墳(平凡社) & 2004年.
  2. ^ a b c "苅田・御所山古墳 墳丘全長は120メートル"(読売新聞、2014年12月6日記事)。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 御所山古墳(国指定史跡).
  4. ^ a b c d e 文化財ガイドブック & 2010年.
  5. ^ a b c 御所山古墳 - 国指定文化財等データベース(文化庁
  6. ^ a b 「福岡県教育要覧 -平成24年度の実績-」 (PDF) (福岡県ホームページ)、p. 205。

参考文献[編集]

関連項目[編集]