御所浦白亜紀資料館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 御所浦白亜紀資料館
Goshoura Cretaceous Museum
Goshoura Cretaceous Museum.JPG
御所浦地区コミュニティセンターの建物(この中に資料館がある)
施設情報
正式名称 天草市立御所浦白亜紀資料館[1]
専門分野 化石
来館者数 8,000人(年間)
学芸員 3名
事業主体 天草市
管理運営 天草市
延床面積 430.2㎡(他に資料倉庫600㎡)
開館 1997年7月
所在地 866-0313
熊本県天草市御所浦町御所浦4310-5
位置 北緯32度20分15.2秒
東経130度20分16.6秒
座標: 北緯32度20分15.2秒 東経130度20分16.6秒
アクセス 御所浦港からすぐ
外部リンク 天草市立御所浦白亜紀資料館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

天草市立御所浦白亜紀資料館(あまくさしりつごしょうらはくあきしりょうかん、: Goshoura Cretaceous Museum)は、熊本県天草市離島御所浦町にある恐竜化石をテーマとする天草市立の自然系資料館。

概要[編集]

1997年に御所浦に分布する白亜紀地層から天草で初めてとなる恐竜化石や日本最大級の肉食恐竜の化石などが発見されたことから、同年7月、御所浦島開発総合センター(現 御所浦地区コミュニティセンター)内に開設。恐竜やアンモナイト貝類の化石など、約1,000点を常設展示している。

近くにはトリゴニア砂岩化石採集場があり、化石採集体験がいつでもできる。また、「アンモナイト館」「白亜紀の壁」「ニガキ化石公園」「弁天島の恐竜足跡化石発見地」「京泊の恐竜化石発見地」「トリゴニアの壁(採石場跡地)」など、島のあちこちに化石や地層の見学できる場所があるほか、恐竜のオブジェなどもあり、島をまるごと博物館として楽しむこともできる。2007年、「御所浦」は「日本の地質百選」に選定された。

天草御所浦ジオパーク[編集]

天草御所浦ジオパークは、2009年(平成21年)10月に日本ジオパークに認定された。その後、2014年8月に対象範囲を拡大し、天草ジオパークとして認定された[2]。これによりジオパークとして認定された面積は、これまでの20平方キロメートルから876平方キロメートルへ拡張された[2]

利用案内[編集]

  • 所在地:〒866-0313 天草市御所浦町御所浦4310-5
  • 入館料:大人200円、高校生150円、小・中学生100円、幼児無料
    • 団体割引(全部で20名様以上)大人160円、高校生120円、小・中学生80円
    • 特別展開催時は変更あり
  • 開館時間:8:30~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:月曜日(祝日の場合は次の平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
    • 夏の特別展期間中は無休

交通アクセス[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 天草市立御所浦白亜紀資料館条例
  2. ^ a b 天草ジオパーク拡大認定 「貴重な財産、地域の誇り」”. 西日本新聞 (2014年8月29日). 2014年9月23日閲覧。

関連項目[編集]