御所神社 (阿波市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
御所神社
所在地 徳島県阿波市土成町吉田椎ヶ丸6
位置 北緯34度7分16.51秒
東経134度20分55.7秒
座標: 北緯34度7分16.51秒 東経134度20分55.7秒
主祭神 素盞鳴命
土御門上皇
創建 不詳
別名 土御門上皇御終焉地
例祭 1月1日
地図
御所神社の位置(徳島県内)
御所神社
御所神社
テンプレートを表示

御所神社(ごしょじんじゃ)は、徳島県阿波市土成町吉田に鎮座する神社である。土御門上皇御終焉地とも表記される。

歴史[編集]

創建年は不詳。椎ヶ丸古墳と呼ばれる前方後円墳の頂近くに鎮座。元は吹越神社と呼ばれ、1913年大正2年)にに村内28社を合祀、1957年昭和32年)に御所屋敷に鎮座していた御所神社を合祀し、社名を現在の御所神社と改めた。

当地は土御門上皇の終焉の地と伝えられており、その御神霊を奉っている。承久の乱の後、土御門上皇は後に阿波国に遷り、1227年嘉禄3年)に土成町吉田の御所屋敷に行宮を営まれたと伝わる。1231年寛喜3年)に37歳にしてこの地で崩御された。崩御されたと伝わる場所には御所神社が鎮座し、上皇が腹を切った「御腹石」なる岩も残されている。

祭神[編集]

交通[編集]

参考文献[編集]