御手洗家、炎上する

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
御手洗家、炎上する
ジャンル サスペンス復讐劇ヒューマン
漫画
作者 藤沢もやし
出版社 講談社
掲載誌 Kiss
レーベル KC Kiss
発表号 2017年5月号 -
発表期間 2017年3月26日 -
巻数 既刊4巻(2019年3月13日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

御手洗家、炎上する』(みたらいけ、えんじょうする)は、藤沢もやしによる日本漫画レディースコミック)。『Kiss』(講談社)にて、2017年5月号から連載中。同作者にとって、「17歳の塔 プチキス」に続く連載作品。

あらすじ[編集]

代々病院を経営する御手洗家は13年前、自宅兼診療所が全焼するという事件があった。原因は火の不始末とされ、燃えさかる家の前で母が土下座する光景を、御手洗家の長女・杏子はまざまざと見せつけられた。後日、責任を深く感じた母は2人の娘を引き取り、離婚することで事態は収束した。しかし、どうしても腑に落ちなかった杏子は、時を経て御手洗家に家政婦として潜入し、火事に隠された真相を暴くことを決意する。

登場人物[編集]

村田家[編集]

村田 杏子(むらた あんず) / 御手洗 杏子(みたらい あんず)<旧名> / 山内 しずか(やまうち しずか)<偽名>
本作の主人公。25歳。家政婦東京都北西部(23区外)在住。妹の柚子とアパートで2人暮らしをしている。
元々は開業医の令嬢として育ったが、火事の一件で両親が離婚。その後は母親の親権となり、庶民的な生活を送っていく。長らく母子家庭で育ったため、家事全般のスキルが非常に高い。また、機転が利く上に演技力に長けるなど、万事に優れた才能の持ち主。
表向きは従順な家政婦を装っているが、その実態は「13年前に失った全てのものを奪い返す」ため御手洗家に近づき、そこから事件の真相を密かに探っている。派遣されて間もなく真希子の「2階に上がってはいけない」という言いつけを破り解雇されるが、後に復職する。その矢先、些細なことから希一に素性を見破られ、一時窮地に追い込まれるが、衝突の末に彼を協力者として懐柔する。
普段はマジメで落ち着いた振る舞いをしているが、実際はかなり勝気な性格。また、学生時代は眼鏡をかけていたが、現在は変装のためコンタクトレンズを着用している。
村田 柚子(むらた ゆず) / 御手洗 柚子(みたらい ゆず)<旧名>
杏子の妹。22歳。女子大生。姉とアパートで2人暮らしをしており、学業の傍らアルバイトをしている。
容姿は母親によく似ている。気弱な小心者だが、後先を考えない無鉄砲な面がある。当初から姉の潜入捜査には否定的だったが、後に思わぬ形で真二と再会し、そこから秘密裏に御手洗家を詮索していく。
離婚時まだ幼かったため、治との記憶はおぼろげ。希一・真二兄弟のこともあまり快く思っていないが、小学生時代は仲が良かった。
村田 皐月(むらた さつき) / 御手洗 皐月(みたらい さつき)<旧名>
治の前妻。46歳。日本人とドイツ人の血を引くハーフ
才色兼備の持ち主(真希子曰く「根っからのお嬢様」)だったが、若いころから虚弱体質に悩まされていた。離婚してから数年後、極度のストレス状態が続いたことで心身を壊し、それからは部分的な記憶喪失に陥るほど容態が悪化し、入院生活を送っている。

御手洗家[編集]

御手洗 真希子(みたらい まきこ) / 渡 真希子(わたり まきこ)<旧名>
本作のキーパーソン。治の後妻。46歳。
元々は貧しい生活を送るシングルマザーだったが、治と再婚してセレブ妻となる。現在は読者モデルとして売り出して中であり、偽りの私生活をインスタグラムに投稿している。
自他ともに認める強欲な性格。柔和な外面で通っているが、その裏で不穏な雰囲気を漂わせており、杏子も以前から強い警戒心を抱かれていた。
才色兼備だった皐月と違って、教養がないことに負い目を感じている。その他、貧しかった過去に触れられるのも毛嫌いしている。
事件当日、火災現場に居合わせているところを杏子に目撃されており、真相の鍵を握っているとみなされている。
御手洗 希一(みたらい きいち) / 渡 希一 (わたり きいち)<旧名>
真紀子の長男。28歳。星座好き。
昔は弟想いの優しい兄だった。表向きは商社に勤めていることになっているが、実態は自室に引きこもっている社会不適合者(ニート)。
真希子の再婚後、帝明大学の医学部へ裏口入学したものの、SNSにより噂が広まって中退。それ以降、重度の対人恐怖症に陥っている。
13年前の回想シーンなどから、事件にまつわる確信を握っている模様。また、真紀子との間にも深い確執が生まれ[注 1]、執拗な束縛を受けている。
当初、家政婦である杏子のことを邪険に扱っていたが、まもなく彼女の正体を見破る。それから杏子のことを利用し、母を失墜させようとするが失敗に終わる。その矢先、杏子の本意に触れて心を開き、事件当時の真希子について語り始めていく。
御手洗 真二(みたらい しんじ) / 渡 真二 (わたり しんじ)<旧名>
真紀子の次男。25歳。パクチーが好物。
昔はゲーム好きの大人しい少年だった。帝明大学の医学生であり、医師になるため勉強中。マジメな勤勉家だが、天然で空気の読めない面がある。本人曰く「昔から要領が悪い」らしく、大学受験も3浪している。
虚偽の私生活をアピールする母親を快く思っておらず、希一との兄弟間にも亀裂が生じている。
登場後しばらくは杏子と接点がなかったものの、やがて兄に続いて正体に感づく。さらに妹の柚子とも思いがけず再会し、それから頻繁に顔を合わせるようになる。
御手洗 治(みたらい おさむ)
杏子・柚子の実父、希一・真二の義父。代々続く開業医の跡取り。4人姉弟の末っ子。
13年前、火災の原因を作った皐月と離婚し、それから2年後に真紀子と再婚する。離婚後、杏子・柚子とは1度も顔を合わせていないが、後に真二の仲介を経て再会を果たす。

その他[編集]

クレア<仮称> / 山内 しずか(やまうち しずか)<本名>
杏子の友人であり、数少ない協力者。25歳。
学生時代から裁縫を得意とし、オリジナルブランドの衣服をネット販売している。協力の一環として、杏子に名義を貸し出している。ただし、現実問題として「他人に名義を貸し出す行為」は違法となることがほとんどである[1]
市原 美津子(いちはら みつこ)
御手洗病院に仕えるベテラン看護師。
実直な性格。真希子に依頼され、密かに村田家を詮索している。
葛木(かつらぎ)
帝明大学の教育学部に通う女子大生。ミスコンで準優勝に選ばれるほど容姿端麗。真二に気がある。
小菅(こすげ)
渡一家がかつて住んでいたアパートの隣人。還暦過ぎの老婆。

その他[編集]

御手洗家の炎上
本作の枢軸となる火災事件。発生日は12月21日
事件当時、前妻・皐月による火の不始末と考えられたが、杏子は「真希子による放火」だと確信している。
世間体を気にした治の意向により、詳しい捜査が行われるまま打ち切りとなった。
唯一の物的証拠として、監視カメラの映像が残っているものの、ごくわずかな衣服しか映っておらず、犯人特定には至っていない。

書誌情報[編集]

  • 藤沢もやし『御手洗家、炎上する』講談社〈KC Kiss〉、既刊4巻(2019年3月13日現在)
    1. 2017年12月13日発売[2]、ISBN 978-4-06-398033-2
    2. 2018年3月13日発売[3]、ISBN 978-4-06-511121-5
    3. 2018年9月13日発売[4]、ISBN 978-4-06-512958-6
    4. 2019年3月13日発売[5]、ISBN 978-4-06-514796-2

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 事実、13年前は「母さん」と呼んでいたのに対し、現在は「あの女」と呼んでいる。

出典[編集]

  1. ^ “名義貸し(メイギガシ)とは - コトバンク日本大百科全書(ニッポニカ)”. 小学館. (2019年4月11日). https://kotobank.jp/word/%E5%90%8D%E7%BE%A9%E8%B2%B8%E3%81%97-669718 2019年4月11日閲覧。 
  2. ^ 『御手洗家、炎上する(1)』(藤沢 もやし)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年3月13日閲覧。
  3. ^ 『御手洗家、炎上する(2)』(藤沢 もやし)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年3月13日閲覧。
  4. ^ 『御手洗家、炎上する(3)』(藤沢 もやし)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年3月13日閲覧。
  5. ^ 『御手洗家、炎上する(4)』(藤沢 もやし)”. 講談社コミックプラス. 講談社. 2019年3月13日閲覧。