御杖村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
みつえむら
御杖村
Mitsue jinja.JPG
御杖村旗 御杖村章
御杖村旗 御杖村章
日本の旗 日本
地方 近畿地方
都道府県 奈良県
宇陀郡
市町村コード 29386-5
法人番号 6000020293865 ウィキデータを編集
面積 79.58km2
総人口 1,488[編集]
推計人口、2020年10月1日)
人口密度 18.7人/km2
隣接自治体 宇陀郡曽爾村吉野郡東吉野村
三重県津市松阪市
村の木 スギ
村の花 ヤマザクラ
村の鳥 ウグイス
御杖村役場
村長
[編集]
伊藤収宜
所在地 633-1302
奈良県宇陀郡御杖村菅野368
北緯34度29分17.7秒東経136度9分57.3秒座標: 北緯34度29分17.7秒 東経136度9分57.3秒
御杖村役場庁舎
外部リンク 公式ウェブサイト

御杖村位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト
御杖村神末地区

御杖村(みつえむら)は、奈良県宇陀郡にある

地理[編集]

隣の宇陀郡曽爾村と同様に、奈良県を北部と南部に2区分する場合は南部に分類され、さらに細分化する場合は南東部に分類される。曽爾高原の南側に位置し、名張川の源流がある。伊勢本街道が通っている。山間部が多く、冷涼多雨の気候となっている。

歴史[編集]

和名抄』には、隣の曽爾村と共に「宇陀郡漆部(ぬりべ)郷」として見える。

2003年(平成15年)4月に設置された宇陀地区合併協議会(法定)に参加したが、11月に曽爾村とともに離脱。その後曽爾村と2村での合併が構想され、2004年(平成16年)1月に曽爾御杖合併協議会(法定)が設置されたが、合併協議会は2005年(平成17年)1月に解散した。

沿革[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、菅野村・神末村・土屋原村・桃俣村の区域をもって御杖村が発足。

村域の変遷[編集]

明治22年 現在
奈良県
宇陀郡
御杖村

行政[編集]

  • 村長:伊藤 収宜
  • 村議会:議員定数8名

なお、衆議院議員選挙の選挙区は「奈良県第3区」、奈良県議会議員選挙の選挙区は「宇陀郡・宇陀市選挙区」(定数:1)となっている[1]

経済[編集]

産業[編集]

  • 林業
  • 農業

農業協同組合[編集]

  • JAならけん
    • みつえ支店(菅野) - JAバンクのATMも設置。

日本郵政グループ[編集]

  • 日本郵便
    • 御杖郵便局(菅野) - 集配局。ゆうちょ銀行ATMのホリデーサービス実施局。
    • 神末(こうずえ)簡易郵便局(神末)

村内の郵便番号は「633-13xx」(御杖郵便局の集配担当)となっている。

地域[編集]

人口[編集]

Demography29386.svg
御杖村と全国の年齢別人口分布(2005年) 御杖村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 御杖村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

御杖村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

奈良県統計 御杖村の人口

  • 2009年4月1日現在 : 2,244人
  • 人口増加率(2002年→2007年) : -10.6%

教育[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

村内を走る鉄道路線は無い。鉄道を利用する場合の最寄り駅は、近鉄大阪線榛原駅あるいは名張駅

道路[編集]

御杖ふれあいバス
(神末敷津にて。奥は三重交通)
道の駅伊勢本街道 御杖

バス[編集]

村内をコミュニティバス御杖ふれあいバス」が走っており、2箇所で近鉄大阪線方面からのバスと接続している。

毎年1月・2月の土休日は奈良交通が臨時の霧氷バスを榛原駅~みつえ青少年旅行村をノンストップ運行している。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

観光スポット[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 選挙区と定数 奈良県選挙管理委員会