御留流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

御留流とは、江戸時代に一つのでのみ伝承され、同じ藩内でも他流の者に稽古を見せることを、藩より禁じられた武術流派のこと。武道史の研究者間では御留流は存在しないという説もある。

概要[編集]

御留流は他藩への技法の漏洩を防ぐため、他流試合や他藩士に教授することが禁じられていたとされる。「他藩からの刺客に対して手の内を悟らせない」、「藩士の結束や優越意識を高める」等の理由から御留流が制定されたとされる。藩の御流儀と御留が混同していることも多いが、御流儀とは多くの場合、藩主が学んでいる、もしくは藩主が創始した流派を指す。

ただし以下の理由から武道史の研究家の中には御留流は存在しないとする見解も多い。

  • 御留流という言葉は江戸時代の文献には見られない。
  • 流儀外の人間に技を見せない事は、日本の武術において一般的なことである。
  • 江戸の大道場や農村地帯の道場のように一般に門戸を開いている道場と違い、門弟の数が多くない流派の場合、そもそも藩外に広がる要素が無い。

御留流とされる流派の一覧[編集]

御留流とされることもある流派[編集]

  • 楊心流薙刀術柳河藩)…熊本藩の星野家に伝わった楊心流長刀が、幕末に柳河藩に伝わったもの。柳河藩伝の楊心流薙刀術の団体は御留流であると主張している[2]が、御留流であるとする史料は無い。
  • 無双直伝英信流土佐藩の御留流との主張もある。
  • 示現流薩摩藩の御留流と言われる事があるが、佐土原藩延岡藩笠間藩にも伝えられている。
  • 御式内会津藩の御留流とされるが、大東流合気柔術の伝承にあるのみで、史料上で存在が確認されていない。大東流の元になったとされる。
  • 大東流は武田惣角が農民のため、相談された保科近悳が格式を高めるために御留流と創作した。御式内は職制の最上級職の御敷居内から引用したもの。護身術の柔術で、藩主護衛役の御供番が小姓、奥女中に教えた。合気は気合術(気合)から引用した言葉で、国会図書館のデジタルコレクションに合気術は9件、気合術は54件確認される。

脚注[編集]

  1. ^ 熊本藩では、江戸柳生系の新陰流を「柳生流」、疋田景兼系の新陰流を「新陰流」と呼んだ。
  2. ^ 日本古武道協会の楊心流薙刀術を紹介するページ:日本古武道協会の流派紹介の内容は流派団体が執筆する。