番鍛冶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

番鍛冶(ばんかじ)は、鎌倉時代後鳥羽院の命により、1か月交替で院に勤番した刀工である。「御」という敬称をつけて「御番鍛冶」(ごばんかじ)とも称される。

概要[編集]

後鳥羽院は刀剣の製作を好んだ。院は京都粟田口久国、備前国信房にその業を授けられた。承元2年、諸国から刀工12人を召して、水無瀬において毎月、刀を作らせた(12人の番鍛冶)。すなわち、

である。

このほかに、24人の刀工を召して毎月刀を作らせた(24人の番鍛冶)。すなわち、

  • 正月 - 備前国包道、粟田口国友
  • 2月 - 備前国師実、備前国長助
  • 3月 - 大和国重弘、備前国行国
  • 4月 - 備前国近房、豊後国行平
  • 5月 - 備前国包近、備前国真房
  • 6月 - 備前国則次、備前国吉房
  • 7月 - 備前国包末、伯耆国宗隆
  • 8月 - 備前国章実、備前国実経
  • 9月 - 備前国包末、備前国信房
  • 10月 - 備前国朝忠、美作国実経
  • 11月 - 備前国包助、備前国則宗
  • 12月 - 備中国則真、備前国是助

である。

承久2年、後鳥羽院が隠岐にうつると、北条義時は執権の職を継ぐに際して、次の6人の番鍛冶を献じた(隠岐国の番鍛冶)。すなわち、

  • 正月〜2月 - 粟田口則次
  • 3月〜4月 - 粟田口景国
  • 5月〜6月 - 粟田口国綱
  • 7月〜8月 - 備前国宗吉
  • 9月〜10月 - 備前国信正
  • 11月〜12月 - 備前国助則

である。