御諸別王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

御諸別王(みもろわけのおう[1])は、『日本書紀』等に伝わる古代日本皇族(王族)。

豊城入彦命崇神天皇皇子)の三世孫で、彦狭島王の子であり毛野氏の祖。『日本書紀』では「御諸別王」、他文献では「大御諸別命」「御諸別命」「弥母里別命」とも表記される。

記録[編集]

日本書紀』景行天皇56年8月条によると、任地に赴く前に亡くなった父の彦狭島王に代わり、東国統治を命じられ善政をしいたという。蝦夷の騒動に対しても速やかに平定したことや、子孫は東国にある旨が記載されている。

後裔氏族[編集]

新撰姓氏録』では、次の氏族が後裔として記載されている。

  • 皇別 摂津国 韓矢田部造 - 上毛野朝臣同祖。豊城入彦命の後。三世孫弥母里別命孫の現古君、(中略)、因茲賜韓矢田部造姓。
  • 皇別 和泉国 珍県主 - 佐代公同祖。豊城入彦命三世孫の御諸別命の後。
  • 皇別 和泉国 葛原部 - 佐代公同祖。豊城入彦命三世孫の大御諸別命の後。

また御諸別王の子に大荒田別命、市入別命、鹿我別命がおり、それぞれが上毛野国造、針間鴨国造、浮田国造の祖であるとされる。

考証[編集]

『日本書紀』崇神天皇段には上毛野君・下毛野君の祖として豊城入彦命の記載があるが東国には至っておらず、孫の彦狭島王も都督に任じられたが赴任途上で亡くなっている。東国に赴いたのは御諸別王が最初であり、御諸別王が実質的な毛野氏族の祖といえる[2]。また、御諸別命の活躍する世代は崇神天皇の次の世代にあたることから、御諸別命が豊城入彦命の曽孫であるという系譜には相当な疑問が呈されている[2]

先代旧事本紀』「国造本紀」針間鴨国造条では「上毛野同祖の御穂別命子の市入別命を国造に定めた」とあるが、この「御穂別命」は「御諸別命」の誤記とする説がある[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 御諸別王(古代氏族) & 2010年.
  2. ^ a b 毛野氏族概覧(古樹紀之房間 - 古代氏族研究会公認ホームページ)。
  3. ^ 針間鴨国造(播磨)(日本辞典)。

参考文献[編集]

  • 「御諸別王」『日本古代氏族人名辞典 普及版』吉川弘文館、2010年。ISBN 978-4642014588。

関連項目[編集]