涙色の微笑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
微笑の泉
カーペンターズ楽曲
収録アルバム 見つめあう恋
リリース 1976年6月11日
ジャンル ポップ
時間 3分25秒
レーベル A&Mレコード
作詞者 クリスチャン・アーノルド
ジェフ・モロウ
デヴィッド・マーティン
作曲者 同上
プロデュース リチャード・カーペンター

見つめあう恋 収録曲
Side 1
  1. 見つめあう恋
  2. 「ユー」
  3. 「サンディー」
  4. 「グーファス
  5. 微笑の泉
Side 2
  1. 青春の輝き
  2. 「ワン・モア・タイム」
  3. 「夢の小舟」
  4. 「愛のキャンドル・ライト」
  5. 「悲しき慕情」
涙色の微笑
バリー・マニロウシングル
初出アルバム『愛と微笑の世界』
B面 サンライズ
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 1977年
ジャンル ポップ
時間
レーベル アリスタ・レコード
作詞・作曲 クリスチャン・アーノルド
ジェフ・モロウ
デヴィッド・マーティン
プロデュース バリー・マニロウ
ロン・ダンテ
ゴールドディスク
ゴールドディスク
チャート最高順位
バリー・マニロウ シングル 年表
Daybreak
(1977年)
涙色の微笑
(1978年)
Even Now
(1978年)
ミュージックビデオ
「Can't Smile Without You」 - YouTube
テンプレートを表示

涙色の微笑」(なみだいろのほほえみ、Can't Smile Without You)は、バリー・マニロウ1978年にカバーしヒットしたことで知られる楽曲。オリジナルはカーペンターズで、彼らのバージョンの邦題は「微笑の泉」といった。

概要[編集]

カーペンターズのバージョンは、1976年6月11日発売の7作目のスタジオ・アルバム『見つめあう恋』に収録された。翌1977年9月9日発売のシングル「星空に愛を (コーリング・オキュパンツ)」のB面に収録された。シングル・バージョンでは歌詞が一部変更されている。

1978年1月バリー・マニロウがシングルA面曲として発表。B面は「サンライズ」。同年4月22日から5月6日にかけてビルボード・Hot 100で3週連続3位を記録した[2][3][4]。ビルボード・イージーリスニング・チャートで1位を記録し[5]ゴールドディスクに輝いた。なおマニロウもカバーするにあたって一部歌詞を変えて歌っている。

エンゲルベルト・フンパーディンク[6]メンズウェア、イザヴェラ・タヴィアーニらもカバーしている。

ジョージ・マイケルに対する訴訟事件[編集]

1980年代半ばに音楽出版社ディック・ジェームズ・ミュージックは、ワム!の「ラスト・クリスマス」(1984年)は本作品の盗作だとして同曲の作者のジョージ・マイケルを訴えた。この訴訟は示談となった[7]

脚注[編集]


先代:
アート・ガーファンクル with ジェームズ・テイラー & ポール・サイモン
ワンダフル・ワールド
Easy Listening ナンバーワンシングル
(バリー・マニロウ・バージョン)

1978年3月18日(1週)
次代:
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー
「愛の旅立ち」