徳丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 東京都 > 板橋区 > 徳丸
徳丸
旧前谷津川沿いの谷地形とイオン板橋店
旧前谷津川沿いの谷地形とイオン板橋店
徳丸の位置(東京23区内)
徳丸
徳丸
徳丸の位置
北緯35度46分9.84秒 東経139度39分41.35秒 / 北緯35.7694000度 東経139.6614861度 / 35.7694000; 139.6614861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Itabashi, Tokyo.svg 板橋区
地域 赤塚地域
面積
 • 合計 1.869km2
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 • 合計 35,115人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
175-0083[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 練馬(2020年度より板橋)

徳丸(とくまる)は、東京都板橋区町名[4][5]。現行行政地名は徳丸一丁目から八丁目。全域で住居表示が実施されている。郵便番号は175-0083[2]

地理[編集]

板橋区の西部に位置する。北で高島平、東で西台、南で練馬区北町、南西の一部で赤塚新町、西で赤塚及び四葉と隣接する。主に住宅地として利用される。町域南辺を鉄道路線が走るほか、地区内外に比較的整備された道路が縦横に走る東武練馬駅前にはイオン板橋店などの大型商業施設が立地する。

地価[編集]

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、徳丸3-18-6の地点で37万2000円/m2となっている[6]

歴史[編集]

1869年明治2年)になると徳丸ヶ原は民間に払い下げられ、豊富な荒川の水資源を頼りに水田として開拓されて、赤塚田圃や徳丸田圃と呼ばれるようになった。このときに赤塚城ため池の水が灌漑用水として利用された。しかし相変わらずの湿地帯であるため水田としての生産力は低く、田船や田下駄を履いてもなお作業に難渋した。

1870年(明治3年)10月に名主の中村長左衛門が水車稼ぎをしたいと浦和県庁へ願い出ている。直径1丈2尺(3.65m)で下赤塚から湧き出た前谷津川を長左衛門所有地へ廻し堀する計画だったが、水車が実在したという記録はない。『板橋史談』230号には四葉1-22-6に存在したという話が掲載されているが、口伝のため確かとはいえない。

1870年(明治3年)5月の「明治三年徳丸原絵図」に、四葉村の名主は長左衛門、組頭は久兵衛・庄三郎・弥左衛門・才三郎・新太郎、小前惣代は久四郎・福次郞と記され、押印されている。明治10年度(1877~1878)の第九大区第五小区のときの役人は中村長左衛門だったので、おそらく名主の長左衛門がそのまま役人となったのだろう。組頭だった5人の苗字は不明である。

『東京府志料』によると、1872年(明治5年)の四ツ葉村には小字が10ヵ所あり、稲荷前・沖口・雑魚谷ざっこやつ向ヒ口むかいぐち前谷津まえやつ・荻・山下・茨蕪ばらかぶ蟹作りかにづくり・横手・新橋と言われた。南の方に飛び地が1ヵ所あったという。用水は横手から出る湧き水を引いていたが不足していた。荒川沿いであるから「水損の煩いがある」とされている。当時戸数は43戸、人口250人(男123人、女127人)、稲荷神社が2座(四葉稲荷130坪と合祀前の榎本家の稲荷24坪)、観音堂78坪と薬師堂81坪があったとされる。『板橋区史』資料編4近・現代にも収録されている「四ツ葉村諸留」76(東京大学史料編纂所所蔵)の「1871年(明治4年)11月~1872年(明治5年)5月四ツ葉村諸願訴伺届並びに書上物請書控」によれば、氏子は四ツ葉村に43戸あったという。1932年昭和7年)ごろには丘上の集落が整い宮前・宮下・大塚原という小字となり、下赤塚村との入会地の小字は仲田・弁財天・深田・菖蒲田・荒川縁となった。

1873年(明治6年)3月の朱引外大小区改正により、四ツ葉村は第9大区5小区に属した。しかし1878年(明治11年)7月の郡区町村編制法により廃止され、四ツ葉村は北豊島郡に属した。『板橋区史』資料編4近・現代にも収録されている「安井新二郎家文書」の「1879年(明治12年)4月~1881年(明治14年)10月徳丸本村外二ヶ村諸上申案綴込」によれば、1880年(明治13年)1月21日には戸数46戸、人口271人(男134人、女137人)と微増している。

実際の徳丸村を設立したのは安井家である。そのため徳丸には安井姓の者が多い。

1871年(明治4年)11月に浦和県(現埼玉県)から東京府に編入され、1889年(明治22年)に市制町村制が施行されると、赤塚六ヶ村は合併して赤塚村となり、各村は大字上赤塚、大字下赤塚、大字成増、大字徳丸本、大字徳丸脇、大字四ッ葉となった。1932年(昭和7年)の板橋区の成立時にはそれぞれ上赤塚町、下赤塚町、成増町、徳丸本町、徳丸町、四ッ葉町となった。その後の住居表示実施に伴い、当該地区が板橋区徳丸となった。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
徳丸一丁目 3,599世帯 6,583人
徳丸二丁目 2,312世帯 4,192人
徳丸三丁目 3,714世帯 7,413人
徳丸四丁目 2,455世帯 5,373人
徳丸五丁目 995世帯 2,318人
徳丸六丁目 2,412世帯 5,283人
徳丸七丁目 789世帯 1,793人
徳丸八丁目 896世帯 2,160人
17,172世帯 35,115人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[7]

丁目 番地 小学校 中学校
徳丸一丁目 全域 板橋区立徳丸小学校 板橋区立赤塚第一中学校
徳丸二丁目 1〜2番
8番
18〜19番
27~29番
3~7番
9~17番
20~26番
30〜31番
板橋区立北野小学校
徳丸三丁目 全域
徳丸四丁目 全域
徳丸五丁目 1~4番
5~39番 板橋区立紅梅小学校
徳丸六丁目 6~55番
1~5番 板橋区立北野小学校
徳丸七丁目 1~3番
20~27番
板橋区立高島第二小学校 板橋区立高島第二中学校
4~19番 板橋区立紅梅小学校 板橋区立赤塚第一中学校
徳丸八丁目 1~17番
21~26番
18~20番 板橋区立高島第二小学校 板橋区立高島第二中学校

交通[編集]

鉄道[編集]

東武練馬駅北口

バス[編集]

・浮間舟渡行き (国際興行バス)

道路[編集]

施設[編集]

教育
  • 板橋区立徳丸小学校(徳丸一丁目)
  • 板橋区立北野小学校(徳丸三丁目)
  • 板橋区立紅梅小学校(徳丸八丁目)
  • 板橋区立赤塚第一中学校(徳丸四丁目)
  • 東京都立板橋有徳高等学校(徳丸二丁目)
医療
  • 徳丸病院
  • 東武練馬中央病院
商業

関連項目[編集]

  • 「徳丸」で始まるページの一覧

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 町丁目別世帯数・人口表”. 板橋区 (2017年12月1日). 2017年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月11日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月11日閲覧。
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 13 東京都』、角川書店、1991年再版、P795
  5. ^ 『いたばしの地名』板橋区教育委員会、1995年、P189-190
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 板橋区立小中学校通学区域・小学校隣接校案内”. 板橋区 (2017年7月31日). 2017年12月11日閲覧。